Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

スマートフォン向けのアクセサリー品を幅広く展開するブランド Spigen(シュピゲン) より、Apple iPhone SE用ケース「ラギッド・アーマー」を提供いただきました。

今回はこちらを手持ちのiPhone SE(スペースグレイ)に合わせてレビューしていきます。

SPONSORED LINK


外観デザインと素材・質感をチェック

今回レビューしていくラギッド・アーマーはTPU(熱可塑性ポリウレタン)を素材に用いた保護ケース。一般的なTPUケースと比べると素材に用いられているTPUが特殊なものとなっており、変形に強いという特性を持っています。

また米国国防総省の軍用品調達規格(MIL規格)にも準拠。ケースとしての保護性の高さも特徴です。

ケースのカラーバリエーションはブラック1色。下の写真は内側を写したものですが、内側には衝撃吸収効果が謳われた蜘蛛の巣状のデザインが施されています。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

背面はシンプルで、上下にカーボン調のデザインを採用。あくまでカーボン”調”であり、素材は統一してTPUとなっています。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

ケース自体は完全な非透明。当然ながらケースの向こう側が透けて見えることはありません。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

変形に強い特性を持つこのラギッドアーマー。とはいえ、素材はあくまでTPU。ケース単体に力を加えればぐにゃりとひねることは可能です。ただそれなりに硬さがあり形状も維持されているため、ぐにょぐにょとした柔らかい印象ではありません。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

ケースの内側(角の部分)をよく見ると書かれている「AIRCUSHION TECHNOLOGY」の文字。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

角を内側から確認してみると、やや凹みが設けられていることがわかります。ここには空気を注入したポケットが設けられており、端末を落とした際に真っ先に衝撃を受ける可能性が高い角の部分をクッションで防御する設計になっています。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

なお外側からはクッションが設けられているような印象が感じられず、内側を確認しないかぎりはこの設計に気が付かないのではないか、と思います。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

iPhone SEに装着してみる

手持ちのiPhone SEに装着してみました。フロントパネルには他社製のディスプレイ保護用ガラスフィルムを貼り付けていますが、ケースとの目立った干渉はありません。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

ケースはガラスフィルムを貼ったディスプレイ面よりもやや高めの設計。フロントパネルを下向きに置いた場合でも、ディスプレイ面が直接接地することは基本的にありません。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

側面は中央部を平らに、上下の角を斜めに切り落としたデザインに。丸みよりもやや角ばった形状となっています。電源ボタンはTPUが上から覆いかぶさります。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

ボタンの配置されていない右面は平らで何もないデザイン。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

下面はイヤホンジャックとマイク部が繋がった形で開口部が設けられています。Lightningコネクタ周囲の余白はかなり広め。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

左面はサウンドスイッチ(マナースイッチ)部は開口が、音量ボタンはTPUが上から覆いかぶさる設計に。音量ボタンは押した感触がやや弱くなるものの、押しやすさは大きく変わりません。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

側面を改めてチェックしていみると、上下面の角を落とした斜めのカットはエッジが効いていることがわかります。素材が柔らかく痛さはもちろんありませんが、指に引っ掛けて持ちたい方、柔らかく手で包むように持ちたい方で好みは分かれる形状でしょう。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

続いて裏面。背面はマットな質感で指紋や皮脂汚れはかなり目立ちにくい質感に。細かくラメのようなものも確認でき、ただののっぺりとしたマット調ではない点がアクセントに。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

リアカメラ用の開口部は「プラスチック等が組み合わされている?」と思わず勘違いしそうになるくらい、丁寧な加工が施されています。カーボン調のデザインも粗さがなく、かなりスタイリッシュな印象。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

右下部にはSpigenのロゴが刻印されています。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

手にしてみると、ケース自体の厚みによって大きさが増しているはずなのに、iPhonse SEのサイズがコンパクトということもあってさほど気になりません。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

背面もカメラ部分のパーツカラーがブラックのスペースグレイモデルとは相性バツグン。全体的によくまとまったオシャレさが感じられます。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

気になるポイントをピックアップ

ラギッド・アーマーを試してみてポイントに感じたのは側面の斜めカットによる指がかりのよさ。

もともとコンパクトサイズで多くの方が片手で持ちやすいサイズのiPhone SEですが、このケースを装着すると角の指がかりがさらによくなり、不意に手から落としてしまう可能性はかなり減らすことができるように感じました。

Spigen ラギッド・アーマー Apple iPhone SE

素材がTPUであるため、ケース自体にすべり止め効果が期待できる点もポイントは高いといえます。

一方で前述のとおり、ケースデザインは(形状的に)エッジの効いたものになっているため、緩やかな形状を手のひらで包み込むように持ちたい、といった方には不向きといえます。

個人的にはエッジの効いたデザインは非常に持ちやすく、また手持ちのiPhone SE(スペースグレイモデル)と色の相性も良いことから、かなり魅力的な製品に感じました。

最後に

2016年5月21日(土)時点におけるAmazon.co.jpでの取扱い価格は2,060円(税込)。ケース自体はかなりしっかりとしており、ケース自体が老朽化して壊れてしまうといった心配もかなり低いと思います。

特にスペースグレイの本体カラーを選択した方にとっては、非常に魅力を感じられる1品といえるでしょう。

なお現在Amazon.co.jpでは、Spigenのケース購入と合わせてガラスフィルム(2枚入り)も注文すると、商品代金から500円を割り引くプロモーションも実施中。

Spigenのまとめ買いプロモーション

これからiPhonse SE用のアクセサリーを一式揃えるといった方には、ケースとガラスフィルムをまとめ買いもオススメです。