ExpansysでSamsung Galaxy S7 edge(Pink Gold)仮予約受付がスタート

約2ヶ月ほど前より Samsung Galaxy S7 edge Dual SM-G9350 の販売を開始していたExpansys(エクスパンシス)。こちらについて、本日新たに追加カラーとなるPink Goldの仮予約受付が始まっています。

SPONSORED LINK

2016年5月19日(木)時点における予定本体価格は78,445円で、既に販売中となっている他カラー3色(Black OnyxGold PlatinumSilver Titanium)と同じ価格に設定されています。

本体代金だけで70,000円以上であることから日本国内住所宛てへの配送料は無料になると予想され、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約82,100円ほど。

またExpansysでは仮予約受付を済ませた上で実際に商品購入に至った場合、購入代金よりUSD10.00相当を割り引くプロモーションを実施中。これも踏まえると、現時点より注文を行なっておくことで約81,000円ほどで入手できる試算となります。

Galaxy S7 edgeは今年2月に発表され、3月より世界各地で発売が開始されていたSamsung電子のフラッグシップモデル。

前作のGalaxy S6 edgeで採用された、ディスプレイ両サイドをリアパネル側に向けてカーブさせるデュアルエッジスクリーンは継続採用するとともに、ディスプレイサイズを約5.1インチ→約5.5インチへと大型化。

また前作では一度廃止された防水防塵仕様もIP68相当へとグレードアップ、SDカードスロットもSIMスロット2との排他仕様により復活。基礎性能の高さと機能性をかね合わせたトップハイエンドとも呼べる仕上がりになっています。

Expansysが従来より取り扱っていた他色は香港向けのSIMフリーモデルとなっており、今回仮予約の受付が始まったこのPink Goldに関してもおそらく同様と予想されます。

参考までに、Samsung香港の製品ページにて確認できる主な技術仕様は次のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ 150.9 x 幅 72.6 x 厚さ 7.7 mm
重量 157 g
OS Android 6.0 Marshmallow
SoC Qualcomm Snapdragon 820 64bit Quad-Core
(2.15GHz Dual-Core + 1.6GHz Dual-Core)
メモリ RAM 4GB(LPDDR4規格)/ROM 32GB
バッテリー 3,600 mAh
ディスプレイ 5.5インチ WQHD(2560×1440)Super AMOLEDディスプレイ、534ppi
カメラ リアカメラ:1,200万画素
フロントカメラ:500万画素
通信方式

4G(FDD-LTE):Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26
4G(TD-LTE):Band 38/39/40/41
3G(WCDMA):850/900/1900/2100 MHz
3G(CDMA):BC0
3G(TD-SCDMA):Band 34/39
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz
2G(CDMA):CDMA800

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz), MU-MIMO
Bluetooth 4.2 LE

その他 SIMカード:nano SIM x 2
SDカード:microSDカード(最大200GBまで)
防水防塵:IP68相当

日本国内への直接配送に対応している他の主要ガジェットショップにおいては、現在まだGalaxy S7 edgeの予約や販売を行なっているところはなく、最も早く入手できる方法としても、Expansysが有効な購入元といえそうです。

なおExpansysでは、予定本体価格の設定された仮予約商品は、比較的早い段階で在庫が入荷する傾向にあります。

仮予約はあくまでも”仮の予約”となっており、注文時に(クレジットカード払いの場合は)カード情報を入力する必要があるものの、購入するかしないかは、在庫入荷直前に届くEメールへの返信時に最終決定することが可能。

その際にキャンセルしても手数料などは特に発生しないため、発売と同時に購入する可能性が少しでもあるのであれば、まずは仮予約を済ませておくことがより賢いといえるでしょう。

Source:Expansys