CloveがBlackBerry PRIV STV100-4の購入予約を受付中

イギリスのガジェットショップCloveが、BlackBerry PRIV STV100-4の購入予約を受付中です。

SPONSORED LINK

2015年12月23日時点における予定本体価格はVAT抜きでGBP457.50(約83,600円)。日本国内住所宛ての配送料、輸入時に課せられる輸入消費税、代金の決済時に発生する為替変換手数料などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約91,700円ほどです。

BlackBerry PRIVはBlackBerry初のAndroid OS搭載機として今年10月に正式発表されたスマートフォン。従来のBlackBerry機の特徴である物理QWERTYキーボードをスライド式で搭載しつつ、Androidのアプリが使用可能、というハイブリッドモデルともいうことができます。文字入力・変換アプリにAndroid用のもの(例:Google日本語入力、ATOKなど)を設定できるため、日本語環境で使用する場合は従来のBlackBerry機と比べてもより賢い変換で物理キーボードが使えるといった恩恵を受けることができます。

またキーボードを収納すれば現行主流となっている前面に大きなディスプレイを搭載した”一般的なスマートフォン”としても使用可能。プロセッサにQualcomm Snapdragon 808 Hexa-Coreを採用し、RAM容量3GB、ROM容量32GB(microSDカードも使用可能)、ディスプレイも5.4インチと大型でWQHD(2K)の解像度となっており、基礎スペックとしてもハイエンドに分類されます。

なおCloveで取り扱うモデル(モデル番号:STV100-4)は欧州・中東・アフリカ地域向けに投入されるモデルとなっており、BlackBerry公式サイトの製品ページにて確認できる詳細な技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 147 ✕ 幅 77.2 ✕ 厚さ 9.4 mm(※キーボードオープン時の高さは 184 mm)
重量 192 g
OS Android 5.1 Lollipop
CPU Qualcomm Snapdragon 808 64bit Hexa-Core(1.8GHz Dual-Core + 1.44 GHz Quad-Core)
メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー 3,410 mAh ※ワイヤレス充電(Qi規格)非対応
ディスプレイ 5.4インチ WQHD(2,560×1,440)
カメラ リアカメラ:1,800万画素
フロントカメラ:200万画素
通信方式

【欧州・中東・アフリカ地域向けモデル − STV100-4】

4G(FDD-LTE):Band 1/2/3/4/7/8/13/17/20/28
4G(TD-LTE):Band 41
3G(HSPA+):850/900/1700/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1 LE

その他 SIMカード:nanoSIM
SDカード:microSDカード(最大2TBまで)

BlackBerry PRIV自体はアジア地域向けモデルが現在Expansys1ShopMobile.comといったガジェットショップを中心に販売中となっています。なお同日時点におけるそれらでの本体価格はExpansysが96,525円、1ShopMobile.comがUSD739.00(約90,700円)。購入費用の概算見積もり額はExpansysで約101,000円、1ShopMobile.comで約98,800円ほど。相対的に見るとCloveの現在の価格設定はかなり割安となっています。

Cloveで取り扱う欧州地域向けモデル(STV100-4)とExpansysなどが取り扱うアジア地域向けモデル(STV100-3)の主な違いは対応周波数で、具体的にはアジア地域向けモデル(STV100-3)は欧州地域向けモデルが対応する周波数に加えて、さらにいくつかの周波数に対応しています。ただし詳細に内容を見てみると、追加で対応しているもののはFDD-LTEのBand5/12/25/29/30、TD-LTEのBand38/40とすべて現在日本国内では使用されていないもの。そのため、日本国内で使用する前提であれば、現状この2機種に関してはどちらを選んでも大きな差はない(安く買いたいならCloveで注文するのがオススメ)といえるでしょう。

ただしBlackBerry PRIVに関しては今後日本国内でも再販総代理店として認定をうける株式会社FOXが取り扱い予定しており、そちらはおそらくアジア地域向けモデルのSTV100-3になると見られます。そのため今後、このモデルだけに日本国内で合法的に使用するために必要となる技適マークがつく可能性も考えられます。技適の有無も含めて安心に使用したい、といったユーザーは、とりあえずcaseplay(株式会社FOXが運営するオンラインストア)での発売を待ってからのほうが間違いないといえそうです。

なおCloveでは、初回在庫は2016年1月4日の週頭に入荷する予定、としています。

Source:Clove