1ShopMobile.comでLumia 950 XLの取り扱いがスタート

香港に拠点を持つガジェットショップ1ShopMobile.comにて、Microsoft Lumia 950 XL Dual SIM の取り扱いが始まっています。

SPONSORED LINK

2015年11月29日時点における本体価格はUSD669.00(約83,500円)。本体カラーは2色(Black/White)が注文可能となっています。なお日本への配送料、輸入時に課せられる輸入消費税(内国消費税、地方消費税)、為替変換手数料などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約91,200円ほどです。

Microsoft Lumia 950 XL は10月にマイクロソフトが発表した同社スマートフォンのLumiaブランド最新モデル。950の番号が名前に付くモデルは次期フラッグシップであり、今回1ShopMobile.comで取り扱いが始まった Lumia 950 XL は5.7インチの大型ディスプレイ、Qualcomm Snapdragon 810を搭載した最上位モデルとなります。

プロセッサの発熱対策として水冷式の冷却システムを採用するほか、Lumiaブランドの旧来のフラッグシップモデル同様にQi規格によるワイヤレス充電をサポート。外部入出力端子にはUSB Type-Cコネクタを搭載します。

またWindows 10 Mobileの大きな特徴といわれるコンティニュアム機能(専用機器を用いて外部ディスプレイと接続することでPCライクに使用できる)にも対応します。

1ShopMobile.comの商品ページには詳細なモデル番号、あるいは対応周波数の記載はありませんが、1ShopMobile.comが拠点を持つ香港向けのマイクロソフトストアでは今月上旬より購入予約が行われており、おそらく香港向けモデルが取り扱われるのではないかと予想されます。マイクロソフトの製品ページで確認できる詳細な技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 151.9 ✕ 幅 78.4 ✕ 厚さ 8.1 mm
重量 165 g
OS Windows 10 Mobile
CPU Qualcomm Snapdragon 810 2.0GHz Octa-Core
メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー 3,340 mAh
ディスプレイ 5.7インチ WQHD(2560×1440)AMOLEDディスプレイ
カメラ リアカメラ:2,000万画素
フロントカメラ:500万画素
通信方式

FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28
TD-LTE:Band 38/40
3G(WCDMA):850/900/1700/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac、MIMO
Bluetooth 4.1

その他

SIMカード:nano SIM x 2
SDカード:microSDカード(最大200GBまで)

ワイヤレス充電(Qi規格)対応、外部入出力端子:USB Type-C

Lumia 950 XLは現在ExpansysCloveなど、他のガジェットショップでも購入予約を受付中となっているものの、他のショップで取り扱うモデルは、商品ページを確認する限りいずれもSingle SIMモデル。ただおそらく他の一般的なDual SIMモデル同様、SIMカードを2枚同時に挿しても片方のSIMスロットは2G(GSM)専用となり、日本国内ではスロットが2つ付いていることによる恩恵はほとんどないものと思われます。

なおこれまで購入費用の概算見積もり額が比較的安かったのは英Cloveですが、同日時点における本体価格はVAT抜きでGBP441.66(約83,400円)、購入費用の概算見積もり額は約91,400円ほどです。Cloveの商品ページに記載されている対応周波数は香港向けモデルと変わらず、かつCloveでの出荷開始予定日は12月2日からとなっており、現時点において少しでも早く入手したいという場合であれば1ShopMobile.comで注文することは十分オススメといえそうです。

Source:1ShopMobile.com