ZTE SProの取り扱いを1ShopMobile.comが開始

アメリカに本社を置く海外のガジェットショップ1ShopMobile.comで Android OS を搭載したプロジェクター ZTE SPro Smart Projector の取り扱いが始まっています。

SPONSORED LINK

2015年9月22日時点における本体価格はUSD389.00(約47,400円)。本体カラーはBlackの1色のみです。なお日本への配送料、輸入時に課せられる輸入消費税(内国消費税、地方消費税)、および為替変換手数料などを加味した購入費用の概算見積もり額は約54,700円ほどです。

ZTE SPro Smart Projectorは2014年1月に発表された製品で、スマートフォンやモバイルルーターとまではいかないものの、コンパクトサイズのボディにAndroid OSを搭載するスマートプロジェクターという括りで謳われています。

プロジェクターとしての機能は投影時の明るさが100ルーメン、コントラスト比が1000:1、最大投映サイズ120インチ、スクリーンのアスペクト比は4:3と16:9の2種類に対応。またモバイル通信には対応してしていない(SIMカード差し込み不可)ものの、Wi-Fiが搭載されていることから、本体に搭載されたディスプレイを用いてインターネット閲覧→そのままスクリーンに投映といった使い方も可能です。さらに外部入力端子としてHDMI端子も搭載されているので、投影したい内容を有線接続で入力することもできる仕様となっています。

発表時期が1年以上前ということもあり、OSのバージョンはAndroid 4.2 Jelly Bean、CPUがQualcomm Snapdragon 400 1.2GHz Dual-Coreと今となってはやや物足りなさを感じるものの、携帯性(と個性さ)を考えればおもしろい製品といえるのではないでしょうか。なおその他、詳細な技術仕様は以下のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ 120.6 ✕ 幅 120.6 ✕ 厚さ 28.5 mm
重量 400 g
OS Android 4.2 Jelly Bean
CPU Qualcomm Snapdragon 400 1.2GHz Dual-Core
メモリ RAM 1GB / ROM 4GB
バッテリー 5,000 mAh
ディスプレイ 4インチ WVGA(800×480)
カメラ リアカメラ:-
フロントカメラ:-
通信方式

FDD-LTE:-
TD-LTE:-
3G:-
2G:-

Wi-fi:802.11 b/g/n
Bluetooth

その他 SIMカード:-
SDカード:microSDカード(最大32GBまで)

同製品はアメリカAmazon.comなどでも販売されており、そちらでは本体価格がUSD349.99(約42,700円)となっています。ただし日本への配送には対応していないため、Amazon.comから購入する場合は別途転送代行サービスなどを利用する必要があります。ちなみに1ShopMobile.comの商品ページには米国内限定の1年保証付きと記載があることから、商品の入手元はアメリカ国内であると思われます。

なおZTEは今年1月に後継機となるZTE SPro2を発表しており、こちらは「モバイルシアター」の商品名で今年9月以降に日本国内でもソフトバンクより発売予定となっています。基礎性能も全体的に向上、かつモバイル通信(4G LTE)にも対応したモデルとなっており、SProに興味があるという人はそちらの発売を待ってみるのもよいかもしれません。

Source:1ShopMobile.com