CloveでYotaPhone 2が在庫限りの特別割引実施中

イギリスのガジェットショップCloveが、ロシア・YotaDeviceの2画面搭載スマートフォン YotaPhone 2 YD201の大幅な割引を実施しています。

SPONSORED LINK

2015年7月3日時点における本体価格はVAT抜きでGBP332.50(約65,200円)。通常価格がGBP380.00(約74,500円)であることから、GBP47.50(約9,300円)というかなり大きな額の割引となっています。商品ページに”LIMITED STOCK(在庫限り)”と記載されていることから、売り切れ次第終了となる割引のようです。なお日本への配送料、輸入時に課せられる輸入消費税(内国消費税、地方消費税)、為替変換手数料などを加味した、購入費用の概算見積額は約76,100円ほどです。

YotaPhone2 YD201は2014年上旬に開催されたMWC2014で発表された端末。何より最大の特徴として液晶ディスプレイ+背面にE-inkディスプレイを搭載する”2画面スマホ”として話題を呼びました。また端末自体のスペックも、今現在でも十分ハイエンド機と呼べる内容になっています。詳細な技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 144.9 ✕ 幅 69.4 ✕ 厚さ 8.95 mm
重量 145 g
OS Android 4.4.4 KitKat(Android 5.0 Lollipopへのアップデートあり)
CPU Qualcomm Snapdragon 800 2.26GHz Quad-Core
メモリ RAM 2GB / ROM 32GB
バッテリー 2,500 mAh
ディスプレイ 5インチ Full HD(1,920×1,080)AMOLEDディスプレイ
カメラ リアカメラ:800万画素
フロントカメラ:210万画素
通信方式

FDD-LTE:Band 3/7/20
TDD-LTE:-
3G:850/900/1800/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.0

その他 SIMカード:Nano SIM
SDカード:非対応

対応している周波数がFDD-LTEでBand3/7/20ということで、日本国内で使用する場合においてはNTTドコモの通称”東名阪バンド”といった限られたエリアでしかLTE通信ができない点はやや残念なところ。ただし3Gに関しては900/2100MHzに対応していることから、NTTドコモやソフトバンクのSIMカードを差すことで使用することが可能です。

YotaPhone 2は現在クラウドファンディングサイトのIndiegogoを通じて北米での発売も予定されており、出資者には今年8月から商品の発送が開始されます。また最近ではソフトウェアの更新によりAndroid 5.0 Lollipopへのアップデートも行なわれており、今購入しても今後まだしばらくは楽しめる端末ともいえます。

なお同端末に関してはExpansysや1ShopMobile.comといったガジェットショップでも取扱いがありますが、同日時点におけるExpansysでの購入費用の概算見積額は約87,200円。1ShopMobile.comでは約82,200円となっています。そう考えると、今回Cloveが行なっている割引がかなり大きく、かつお買い得であることが分かります。

ただCloveで購入できるのはBlackモデルのみで、あとから発売されたWhiteモデルは取扱いがありません(Expansysや1ShopMobile.comではWhiteモデルも取り扱いあり)。またExpansysに関しては専用バンパーケースが無料で付いてくるといったプロモーションも行なわれています。特にケースに関しては日本国内ではほとんど流通がないため、そういったものも欲しい、という方に関してはExpansysなどを利用するのも良いかと思います。

なおExpansysではYotaPhone2の専用バンパーケース単品での販売も行なっています。カラーも4色(Dark Grey/BlackDark Grey/Light GreyTurquoisePurple)から選べるので、Expansysで何か買い物をする機会があればそれに併せてケースだけ別に購入するというのもよいでしょう。

Source:Clove