MWC2015で発表された新製品の予約

いよいよ本日3月5日(金)を持って閉幕となるMWC2015。様々なメーカーから新製品の発表があり、既に購入予定を立てている方もいるかと思います。現時点で海外の通販サイトを確認してみると、いくつかのサイトでMWC2015の特設ページを開設し、すでに商品の仮注文受付を行なっているところもあります。

そこでここでは2015年3月5日(金)時点でMWC2015の特設ページを開設しているサイトとそこで取り扱っている製品の内容について、整理しておきます。

SPONSORED LINK

Expansys

まずは海外ガジェットショップのExpansys。昨日もお伝えしたとおり、こちらでは特設ページの開設と併せて、すでにいくつかの商品に関して仮注文受付中となっています。

MWC2015で発表された新製品の予約

現在仮注文を受け付けている商品は次の通り。

なお全商品とも現時点では価格は未定となっています。

Expansysの仮注文受付は、申込時に発送先住所や支払情報(クレジットカード払いならカード情報)を入力する必要がありますが、商品が入荷した段階で最終的に購入するかキャンセルするかの判断が可能となっています。仮注文受付に申し込んでおくと、入荷した時点でEメールで販売価格などの通知を受け取ることが出来ますので、とりあえずExpansysで注文するかまだ分からないという方も、気になる機種に関しては仮注文受付を申し込んでおくのはアリです。

Handtec

続いては英国のガジェットショップHandtec。トップページの両脇にMWC2015のロゴが表示されており、こちらをクリックするとMWC2015で発表された新商品のページヘ飛ぶことが出来ます。ちなみに現時点ではリンク先がSamsungのGalaxy S6シリーズに固定されている模様。

MWC2015で発表された新製品の予約

確認した限りで現在商品ページが設けられているのは次の通り。

こちらも全ての商品の価格が未定となっています。HTC One m9はピンクも含めた全4色が既に予約可能となっている他、Galaxy S6、Galaxy S6 edgeに関しては32GB〜128GBの容量別で取扱中です。こちらは容量別に取り扱い色が異なっています。

Handtecに関しては”仮注文予約”という形ではなく、Eメールアドレスを登録することで”入荷時に通知”という形になっています。現時点で配送先情報、支払先情報などを入力する必要はありません。こちらも気になる機種があれば、各商品ページから個別にEメールアドレスを登録しておくと良いでしょう。

Amazon.de

独Amazon.deでもMWC2015の特設ページが設けられています。

MWC2015で発表された新製品の予約

こちらで現在注文予約を受付けている商品は次の通り。なお表記している価格はVAT抜きのものになります。

ExpansysやHandtecとは異なり、既に定価格が表記されているところは気になりますね。ただし内容を見てみるとGalaxy S6が容量別の3タイプ全てで同じ価格になっているなど、とりあえずで表記していそうな感じも。上記商品は全て現在の時点では日本への直送にも対応していますが、代金の請求が外貨(€)に限られているため、実際の購入価格は商品発送時の為替レートによるところは注意が必要です。またAmazon.deでは発売前のタイミングで日本への直送が不可能に変更となるケースも有りますので、あくまで参考として見ておくべきでしょう。

ちなみに例としてHTC One m9を購入した際にかかる総費用の見積もりは、2015年3月5日時点の為替レートだと€735.31(約99,000円)となっています。

なおAmazon.deには上記の商品の他にもHuawei WatchHuawei Mediapad X2Huawei Talkband B2Honor 4Xといった製品の商品ページも用意されていますが、こちらに関しては日本国内への直送に対応しておりません。

Amazon.es

西Amazon.esでもMWC2015の特設ページが設けられています。

MWC2015で発表された新製品の予約

こちらで現在注文予約を受け付けている商品は次の通り。こちらも表記している価格はVAT抜きとなります。

こちらもAmazon.de同様、既に予定価格が表記されています。ただし取り扱っている商品のラインナップはやや少なめといったところです。Galaxy S6やGalaxy S6 edgeも容量別に価格が異なっていることを見ると、少しは信憑性が高い気も。しかし同じ欧州圏内(€圏内)でも価格は結構違いますね。Amazon.esもAmazon.de同様、実際の購入価格は商品発送時の為替レートを元に計算されること、発売前のタイミングで日本への直送が不可能に変更となることがあります。ですのでこちらもご参考までに。

こちらも例としてHTC One m9を購入した際にかかる総費用の見積もりを見てみると、2015年3月5日時点の為替レートだと€684.50(約92,000円)となっています。Amazon.deよりはAmazon.esのほうが安いですね。

最後に

ということで現時点でMWC2015の特設ページを設けている海外ガジェットショップのサイトについてでした。

なお特設ページがないサイトが無いから取扱いもない、ということはもちろんありませんので、今回紹介していないサイト(有名どころだと1ShopMobile.comやCloveなど)でも各製品の取扱いは行なわれるはず。ですので、自分が特に気になっている製品があるのであれば、製品名をキーワードにあちこちで検索してみることでいち早く入荷状況や販売価格は掴むことが出来ると思います。

私個人としても興味のある端末はいくつかあるので、このブログでも在庫状況や購入費用については随時記事にしていきます。よろしければこちらもチェックしてみてください。

Source:ExpansysHandtecAmazon.deAmazon.es