Narrative Clip

Narrative Clip というガジェットをご存知でしょうか。クラウドファンディングサイトの Kickstarter で当初は「Memoto」という名前で出資が募られ、2014年頭より発送が開始されたライフログが取れるカメラです。

2015年に入ってその上位モデルである Narrative Clip2 が発表されたのですが、この度あえて下位(旧)モデルである Narrative Clip を購入してみました。

ということでそもそも Narrative Clip がどういったガジェットなのか、そして何故 Narrative Clip2 ではなく Narrative Clip を購入したのか。その辺りをつらつらすることにします。


スポンサードリンク


Narrative Clip とは?

Narrative Clip はライフログを写真で記録することの出来るガジェットです。約4cm四方の小さい箱にカメラが搭載されており、このカメラは30秒ごとに1枚、写真を撮り続けます。これを身に付けることで1日のライフログを写真での残すというものです。

 

Narrative Clip と Narrative Clip2 の違い

今年に入って Narrative Clip の上位モデルである Narrative Clip2 が発表されました。ここではスペックを比較して違いを確認しておきます。

詳細 Narrative Clip Narrative Clip 2
サイズ 36 ✕ 36 ✕ 9 mm 不明(おそらく同じ?)
重量 20g 28g
写真撮影枚数 1枚/30秒 1枚/30秒
画素数 500万画素 800万画素
画角 68度 86度
メモリ容量 8GB 8GB
バッテリー 連続使用48時間 連続使用30時間
センサー GPS、加速度センサー GPS、加速度センサー、ジャイロセンサー
ホワイト、グレー、オレンジ ホワイト、レッド、ブラック
接続方法 USB接続 USB接続、Wi-fi、Bluetooth
価格 $149(発売当初は$279) $199

まず大きく変わったひとつがカメラの性能。Narrative Clip2 では画素数が増え、また画角も広がっているため、綺麗で広角な写真を記録することが出来るようになりました。また Narrative Clip では写真のアップロード方法はパソコンとのUSB接続に限られていましたが、Narrative Clip2 では充電中に限りWi-fiでのアップロードにも対応するようになりました。ちなみにBluetoothはアップロード用の手段ではなく、Narrative Clip2 のシャッターをスマートフォンで切るために使います。

Narrative Clip を購入した理由

画質も良くなり、画角も広がり、ということで最初は Narrative Clip2 が出たら購入しようと考えていました。しかし結局発売される前(直前と言っても良さそうです)に Narrative Clip を購入することにしました。

理由ですが、まずひとつはバッテリーの持ち。カメラの性能が良くなった分、バッテリーの持ちが悪くなっています。30時間というと1日ちょっと。寝るときに充電を忘れて2日目に突入した場合に翌日はほぼ使えません。これが私的には障害になりました。

最近何かとライフログ取りにハマっていて(←笑)、SmartBand Talk だったり MiBand だったりを使っています。そこで感じたことは”性能が少し劣っても、出来る限りバッテリーの残量を気にせずに使える方が圧倒的に便利”ということなんです。気にせずにただ身につけて、後でふとログを振り替えれる、というのがライフログを記録するガジェットに求められることだと思っています。というか MiBand のバッテリーの持ちが圧巻過ぎて、正直 SmartBand Talk の充電(3日に1回)ですら面倒になってしまったという点が大きかったり。

あと理由はもうひとつあって、Narrative Clip を購入していると Narrative Clip2 を購入するときに割引きをしてもらえるのです。

Narrative Clip2 の公式サイトでは現在キャンペーンが行なわれています。これは予め指定された要件を満たすことでポイントが貯まり、貯まったポイントによって Narratibe Clip2 を購入する際の価格が割引きされるというものです。要件の内容は「キャンペーンにエントリーする」「お気に入りのデバイスを答える」といった簡単なものから「友達をキャンペーンに登録させる」といったようなものまで様々。

私が現在クリアしているのは3つ(キャンペーンへの登録と簡単な質問への回答)で貯まっているポイントは600ほど。ちなみに今の時点で Narrative Clip2 を購入する際に$16の値引きが確定しています。まだいくつか要件は残っているのですが、Narrative Clip を購入することで満たせる要件だけでポイントが更に2,500ほど貯まるのです。これかなりの割引になりそうだと思いませんか? Narrative Clip2 出たらすぐに格安で切り替えられるのであれば、発売されるまで Narrative Clip で色々と試してみるのもアリかな、と思ったわけです。

最後に

これまでのライフログは歩数や睡眠時間といった数値での記録でしたが、Narrative Clip を使えば写真として記録できるというのは非常に興味深いところです。ただし製品の性質上、使用する時と場所は慎重に考えたほうが良さそうですね。電車の中とか、階段とかは怖くて使えませんし、使わないほうが良いでしょう。

Narrative Clip は日本国内だとAmazon.co.jpなどでも販売しているところがありますが、価格設定がかなりのプレミアもの(定価+20,000円以上)になっています。Amazon.comNarrative Clip の公式サイトから注文すれば定価で買えますし、日本への直接配送にも対応しています。また配送料も無料です。ということで、これらを踏まえると少し頑張ってでもこれらの海外サイトから直接購入したほうが良いでしょう。