YD201

MWC2014で話題を集めた変わり種スマートフォンのYotaPhone2について、EXPANSYSが注文の予約受付を開始しています。

SPONSORED LINK

EXPANSYSのトップページを確認すると、画面上部のメーカー別カテゴリー欄の右端に “YOTA PHONE” のカテゴリーが追加されています。

YD201

2015年1月14日(水)時点では発売日・価格ともに未定となっておりますが、商品ページが準備されていることから、取り扱い開始までそう時間はかからないことが予想されます。

YD201

しかしEXPANSYSの仮注文受付中の商品一覧には表示されていません。注目度が低いという扱いなのか、単にまだ反映が出来ていないだけなのか。

YD201

なおYotaPhone2の販売は日本への直截配送に対応している海外のショップだと、イギリスのCloveがすでに取扱いを行なっています(私もCloveで購入しました)。Cloveの商品ページに記載されている型番や情報とEXPANSYSの商品ページに記載されている型番や情報が一致していることを考えると、物自体はCloveで購入してもEXPANSYSで購入しても同じと思われます。ちなみにCloveでの販売価格は端末本体代金で£457.50(約83,000円)です。

YotaPhone2はフロントに5インチ(1,920✕1,080)のAMOLEDディスプレイ、リアに4.7インチ(960✕540)のE-inkディスプレイを搭載した”2画面搭載”のスマートフォンです。OSバージョンはAndroid4.4 Kitkat、CPUはSnapdragon800 2.26GHz Quad Core、RAM 2GB、ROM 32GB のハイエンドモデルとなっています。

ただしLTEの対応周波数がBand3,Band7,Band20となっており、日本国内ではNTT docomoの東名阪バンド(Band3)しか掴めないということを考えると、日本国内から購入して使用するにしてはかなり割高な気がします。

EXPANSYSで取扱いが始まれば、そこからAmazon.co.jpでの販売(出品元はEXPANSYS)が始まる可能性もありますので、海外のショップから直接購入することに抵抗がある場合は、もう少し待ってみるのもよいですね。