2014082800

元々読書はほとんどしない人だったのですが、最近は本を読むのに費やす時間がドンと増えてます。自分を変えたいと思う気持ちが強いのか、読む本は自己啓発本が中心です。そんな私が、私同様に本を読むことにまだそこまで慣れていない人にこそオススメしたい自己啓発本をご紹介。

スポンサードリンク


あんみつ好きな、ゾウの姿をした神様

ということで今回ご紹介するのは水野敬也さんのベストセラー「夢をかなえるゾウ」

夢をかなえるゾウ 夢をかなえるゾウ[Kindle版]

水野敬也 ミズノオフィス 2013-04-23
売り上げランキング : 78

by ヨメレバ

2007年の発表後、2012年までに販売部数が200万部を突破しているという、もうベストセラー過ぎて、今のタイミングであえて紹介する意味がわからないくらいの本です。ですが、つい最近になって読書に目覚めた私はそんなこと全く知りませんでした。そしてそんな私と同じような人もたくさんいるだろうと思うので、あえて紹介します。

ストーリーはざっとこんな感じ。

自らの人生に悩む1人の男の前に、自らを「神様」と名乗る、見るからに胡散臭いゾウが現れる。ゾウは男に自分を変えるための手段として、日々課題を与え、男もゾウを疑いながらも課題をこなし、そして変わっていく。

正直手に取るまでは(表紙だけ見て勝手に)普通の小説だと思っていたわけですが、中身は自己啓発本そのもの。ただ書いてある内容はそこら辺の自己啓発本にも書いてあるような、本当にありきたりなもの。それでも他の本よりもこの本を是非読んでみてほしいと思えたわけです。

ありきたり。でも、つい実践してみたくなる

前述のとおり、この本に書いてある自己啓発の内容は非常にありきたりのもの。例えば「靴を磨く」「募金する」「トイレを掃除する」などといった感じ。

それでもこの本には(少なくともこれまで私が読んできた)他の自己啓発本とは明らかに違う点がいくつかあります。それは読書に慣れていない人でも楽しんで読める。そして書いてある内容もついつい実践してみたくなる、ということ。

よくある自己啓発本というと、書いてる(言っている)内容は別にして、文章が結構難しかったりします。すると読書に慣れていない人だと確実に「疲れる」「飽きる」「眠くなる」のいずれかに陥る可能性が高いわけです。

しかしこの本はそんな読み手(初心者)に易しいように書き方に工夫が見えます。まず自己啓発本にも関わらずストーリー仕立てになっている。そしてさらに、各章も適度な長さに区切られている。特に章の区切り方については、読むペースがゆっくり(1日数ページ)な人でも「きちんと読んでいる感」が味わえる。そして各章ごとにガネーシャ(ゾウの姿をした神様)が課題を出してくれるので、1日1章(=1日1課題)という読み方が出来る。毎日新しい課題を1つずつこなしていくのは実際結構楽しいものです。

また、ガネーシャというキャラが非常に愛くるしい。何と言うか、憎たらしいけれどどこか憎めない存在。他の自己啓発本と書いている内容は同じでも、ついつい「ガネーシャが言うなら実践してみようかな」と思わせてくれる。なんか不思議な魔法でもかかってるんじゃないですかね。そう思えるのです。

もちろん実際にやるかどうか、そして続けられるかどうかは他の自己啓発本同様、その人次第なわけですけどね。

読んでいて気がついたこと

自己啓発本というと、それこそ私自身がそうであるように「今の自分を変えれるものなら変えてみたい」という思いで手に取る人が多いと思います。

この本に出てくる主人公の男も、ガネーシャから与えられる課題を1つ1つこなしていくうちに「ガネーシャの言うとおりにやっていけば、自分も変われそうな気がする。いや、変われる!」と思い始めるわけです。

が、そんな主人公の気持ちを見越してガネーシャは言います。「自分(ガネーシャ)に頼っているうちは変われないのだ」と。

これを読んでいて気がついたんですが、この主人公とガネーシャの関係、のび太とドラえもんの関係に似ていますよね。ドラえもんの最終回と言えば、のび太がドラえもんに頼らずにジャイアンに立ち向かうシーンが印象的ですが、戦う相手は違えど、この本の主人公も最後にはガネーシャに頼らず、自分と向き合い続けることで自分を変えてしまいます。

つまりこういうことです。ドラえもんは自己啓発マンガだったわけです。これは新たな発見でした。

最後に

読書が苦手、読書に慣れていない人にとっても、この本は間違いなく楽しんで読むことが出来ます。また「自分はこのままでいいのだろうか?」あるいは「変われるなら自分を変えたい!」なんて思いつつ、これまで色々な自己啓発本を読んでみたけど行動に移せなかったという方にとっても、この本は読んでみる価値が十分にあると思います。

皆さんにも是非「ガネーシャ流」を体験していただければと思います。

ちなみにガネーシャにハマってしまった方には、ゲームもあります(レビューもそこそこ評価高いですし、値段めちゃくちゃ下がってます)。よろしければこちらもどうぞ。

夢をかなえるゾウ
  by カエレバ