おまえよくやってるよ

いつも大変お世話になっております、そうすけ(@sosuke14jp)です。

いよいよ「アラサーというか、サーじゃん?」とか言われるのも時間の問題になってきた今日この頃ですが、この歳にして、ようやく少しずつ読書というものを嗜むようになってきました。

最近主に読むのは堀江貴文さんやイケダハヤトさんといった、平々凡々なそうすけからすると非常に個性の立った方々の本が多いのですが、今まで触れる機会のなかった考え方がたくさん書かれており、非常に良い刺激となっております。

つい先日もこちらの本を読んでいました。

「あ、そうすけも(一応)ハチロク世代だよ」と思い、手にしたこちらの本にはこんなことが書いてあります。

本当に変化を起こしつづけるためには、自分のことを好きでいてくれる人を、ときには悲しませないといけないということです。皆さんのことを心底理解してくれる人ほど、みなさんが今の自分を殺すことを残念がり、否定するでしょう。

旗を立てて生きるー「ハチロク世代」の働き方マニュフェスト(就職しないでいきるには21) / 著:イケダハヤト より引用

これはイケダハヤトさんがまだ人に嫌われることを恐れていた時代、そんな自分が嫌になったために創作の方向性を常に変え続け、結果が出し続けることによって実感された事実として書かれています。

これまで(今も?)超保守的な性格であったそうすけですが、これを読んで、周りの人から「なんか変わったね」と言われても、それを前向きに捉えるという方法も確かにあるな!ふむふむ!と考えるようになりました。

ただこれって実際に言われてみると、なかなか割り切ることが出来なかったりするんですよね。つい先日そんな機会に出くわしたので、思ったこと・感じたことを書き残しておきます。

SPONSORED LINK

きっかけは嫁の一言

昨年末からブログを書き始めたことも含めて、最近自分が「これ興味あるな」とか「やってみたいかも」と思ったものに対してのフットワークが非常に軽くなった(=積極性が出てきた)と感じています。また先日行なったネット上で知り合ったブロガー友達とのリアル飲み会など、勇気を出して一歩外の世界に踏み出すといった行動力も出てきたように感じます。

このような部分に関しては正直自分でも「なんかちょっと変われてきてるのかも」と思ってはいたのですが、そんな時にふと嫁から一言。「なんかそうすけ最近変わったよね。どんどん私の知ってるそうすけじゃ無くなっていく感じがする」と。

そうすけは付き合っていた人とかに「思っていたのと違かった」とか言われると「ふざけんな!」と思うタイプなんですが、今回嫁に言われた一言で「果たしてこれは前向きに捉えていいものか?」と疑問に思うようになりました。

「なんか最近変わったよね」は全て褒め言葉?

「なんか最近変わったね」という言葉にはポジティブ的な用法とネガティブ的な用法という2つの使い方があります。

ポジティブ的な用法というのは、例えば進研◯ミの漫画でよくあるような「そうすけ君ってなんか最近変わったよね。勉強も部活も頑張ってて、とても輝いてる。ちょっと格好良いかも・・・」というやつです。進研◯ミの漫画を読んだことが無い方には全然よく伝わらないフレーズです(笑)

一方でネガティブ的な用法は、「そうすけって最近変わったよね。昔はもっと良い奴だったのに」的な感じです。別れ際のカップルとか、離婚直前の夫婦の会話でよく出てきそうなフレーズですね。今更だけどこの2つの使い方って改めて書く必要なかった気がする。

今回そうすけが嫁から言われたのは明らかに後者のほうです。前者だったら間違いなく前向きに捉えられそうな気がしますが、家族(しかも嫁)の口から後者の意味で「変わったね」と放たれると「果たして俺はこのままでいいのだろうか?」と考えてしまうものです。

実はどちらも「自分を変えるきっかけ」になり得るもの

でもよくよく考えてみると、これってどっちも「自分を変えるためのきっかけになる言葉」には違いないなあと思ったわけです。

ポジティブな方は「今の俺は認めてもらえるんだな!なら更に今の俺をもっともっと加速させよう!」となるし、ネガティブな方も「俺はもっと違う方向に変わったほうがいいのかもしれない!」となるし。超前向きなポジティブ思考で捉えればですが(笑)

「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ、ポイズン」ではありませんが、やっぱり自分の言いたいことややりたいことには貪欲に食らいついていくぐらいがちょうどいいんじゃないですかね。結果として「なんか最近変わったね」と言われたら、「おお、俺は進化してるんだな!周りにもそう認知されてるのか」と前向きに捉えていいと思います。

逆に周りの意見や評判を気にして、自分の言いたいことが言えない・やりたいことが出来ないなんて勿体無いです。「おまえバカだよね」って言われて「おお、バカだって?ありがとう、おまえは俺のことよく分かってくれてるね」くらいに捉えられる方が絶対に人生楽しくなるよね。(←と自分に言い聞かせる)

そうすけは思った

「なんか最近変わったよね」はそれがポジティブな意味で発せられたものでも、ネガティブな意味で発せられたものでも褒め言葉として受け取ってよし!

この感覚になれるまでは少し時間を要するとは思うけれど、そのほうが人生を謳歌できること間違いなし。そしてそんな人間にそうすけはなりたい。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。