Android Bazaar and Conference

いつも大変お世話になっております、そうすけ(@sosuke14jp)です。

先日記事にもしたとおり、先週末の金曜日は東京・秋葉原で開催されたAndroid Bazaar and Conference 2014 Springに参加してきました。

イベント自体が開発者向けということで、興味があっても言ったことがない人にとっては敷居が高い(←そうすけもそうだった)かもと思ったので、今回1Androidユーザー(開発者ではない)として参加して感じたことをまとめておくことにします。

このAndroid Bazaar and Conferenceは年に2回(春・秋)開催されているようなので、今後の開催時に行ってみるかどうかの参考にでもなれば幸いです。

スポンサードリンク


予想以上のアウェー感

そもそもこのイベントの開催を知ったきっかけがorefolder(@orefolder)さんのorefolder.blogを読んでいてのことでした。

Android Bazaar and Conference 2014 Spring…Coming soon!|ore folder.blog

http://www.orefolder.net/blog/2014/03/abc2014-spring-coming-soon/

なので、どのようなイベントなのかという印象もこちらの記事が全てだったわけで。でもあのorefolderさんですら「アウェー感怖い。」なんて呟いておられたくらいなので、正直「俺みたいな小童が興味本位で行っても大丈夫なイベントなのか?」と震えて怖気づいていたことは言うまでもありません。

今回の会場はJR秋葉原駅から徒歩1〜2分という好立地でして、駅について直ぐに会場の場所も把握できたわけですが、会場に向かい途中に結構多くの(ごくごく普通に見える)人がそれらしいチラシやら袋を手にしていたので「あれ、意外と大丈夫なのかも。気軽に行ける感じか?」と思ったり。

そうこうしながら会場に着いた時の第一印象は「アウェー感が半端ない((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」という感じ。とりあえず展示ブース(バザール)をウロウロしてみたわけですが、開発知識なんてこれっぽちも持ち合わせていないそうすけにとっては、まずブースの人が話してくれる内容が理解できない。というか場の空気すらなんか怖い。

まあ途中で長崎県南島原市のブースにて島原手延そうめんを頂いて、ちょっとだけ心に余裕が出来たわけですが(笑)家に帰ってから早速頂きましたが、大変おいしゅうございました。

島原手延そうめん

その後少し冷静になったものの、会場も意外に賑わっていてなおさら話しを詳しく聞けませんでした。ああ、人見知りって本当に悲しい。ただ単に「Androidスマホを使っています」くらいの方だと、やっぱりアウェー感は強いなと個人的には感じました。

講演は誰でも楽しめる!

講演の様子

展示ブースの後は各所で行なわれている講演を順に機器に廻りました。最初は各講演が行なわれている部屋の位置がよく分からず、とりあえずと思って入った部屋で超絶開発者向けの難解講演に遭遇したりもしましたが、きちんと自分の興味に近いようなものを選べばこちらは十分楽しむことが出来ます。というかこっちメインが楽しいかも。

講演で登壇する方は有名企業(GoogleとかMozillaとか)の社員であったり、著名なジャーナリストであったり。個人的には「MVNOとSIMフリー、2014年のスマホ業界動向(スマホジャーナリスト 石川 温 氏)」「Firefox OS 2.0 ~解き放て!未来~【Firefoxコミュニティーコラボセッション】(Mozilla Japan 浅井 智也 氏)」あたりが面白かったです。

他にも最近ニュースになっていたKDDIのベンチャー企業への投資なんかのお話が聴けそうなものあった(時間の都合で聴くこと出来ず)り、開発者でなくても聴いていて面白そうな内容が盛り沢山でした。

あ、もちろんゴリゴリの開発者向けな話もありますけどね。しかしはじめの部屋に入った時のアウェー感は本当に半端なかったな(´ω`)‥トホー。

珍しいものに触れられるかも

もらってきたおみやげ

展示ブースに関しては前述のとおり、トホホな点が多かったのですが、決して全部が全部そうだったわけではありません。開発向けということでマニアック(?)な反面、日常ではお目にかかることが出来ないようなモノに遭遇する機会があったりもします。

そうすけも今回一番触ってみたかったfirefox OS搭載のスマホにはなんだかんだでちゃっかり触ってきました。こちらにはこのイベントを通じて色々と感じる部分があったので、改めて別記事に書くつもりですが、これに触れて詳しくお話を聴けただけでも個人的には大きな収穫でした。

最近何かと話題のウェアラブルデバイス(ただしGoogle GlassやAndroid Wearは無かった)なんかも展示されていたり、スマホ以外のAndroidの可能性を実際に目にする事のできる場ではあったと思います。

そうすけは思った

ここまで色々書いてきましたが、そうすけが次回以降参加する?と聞かれれば、それは講演の内容次第かなぁというのが正直なところですね。

感覚的には講演を聴くのがメインで、展示ブースはおまけという印象が強く残りました。というかたまたま興味があって聴きに行った講演の内容が本当に面白かったんですよね。展示ブースの方は印象に残っているのってfirefox OSと手延そうめんくらいだし(笑)

でも会場に足を運んでいる人の中には若い女性やカップルも多く見受けられたので、そういう点で「行きづらいかな」とか考える必要はないと思います。

好きなモノこそ上手なれ、ではありませんが、もっともっとたくさん勉強して、こういうイベントももっとマニアックに楽しめるようになりたいですね、そのうち。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

スマートにプログラミング Android入門編 スマートにプログラミング Android入門編 第3版 SDK4.x対応堀切 堤 リックテレコム 2013-05-11 売り上げランキング : 129075

by ヨメレバ