また嫁に「なにやってんだ、コイツは・・・」という目で見られる事間違いありません(笑)

というのも、この度そうすけ(sosuke14jp)は約3ヶ月間お世話になったNexus7(2013)を手放して、新たにAmazonのKindle Paperwhiteを購入することに致しました。というか既に注文しました。

Kindle Paperwhite

いやぁ、わずか3(4?)ヶ月の短い期間でしたが、Nexus7様には本当にお世話になりました。本当にありがとうございました。

SPONSORED LINK

どういう心変わり?

あれだけNexus端末は素晴らしい!と言っていたそうすけですが、はっきり言えば、求める用途が変わってきた、ということですかね。MacBook AirとNexus5を手にした今そうすけにとって、タブレットに求める機能は読書の快適さだけになりました。

そもそもNexus7の購入に興味を持ち始めたのが2013年4月頃だったと思います。当時は携帯はGalaxyNote1台で運用していて、その他家にはiPad(第3世代)が1台。初めて購入したタブレットの使い勝手が思いのほか良かったものの、個人的には「少し大きすぎる」「(Wi-fiモデルを買ったため)3G通信が出来ない」「重たい」といった点に不満を抱いていました。

そんな中Nexus7(2012)の存在を知り、「買い替えようか?でも新型が出る噂もあるし・・・」なんて買うタイミングを非常に迷った記憶があります。あの頃は楽しかったです(笑)

で、その時は結局、iPadをドコモのdtabに買い替えてNexus7(2013)の購入資金を確保するとともに、販売までの間はそのdtabで凌ぎました。もちろんnexus7(2013)発売後にすぐ購入し、dtabも買い取りに出しました(笑)

Nexus7(2013)を手にした時にはその全て(特に軽さ、片手持ちにしっくりくる大きさ、画面のきれいさ)に非常に感動して、「これは手放せなくなる」なんて思っていました。ネットサーフィンも2chもなんでもかんでもNexus7で。この頃から読書も(取り扱いがあるものは)電子書籍で済ませるようになりました。

でもMacBook Airを購入してから、気がつけばNexus7の使用用途がほぼ読書だけに。朝・昼・晩のニュースのチェック、Pocketで保存しておいた記事の閲覧、寝る前の読書くらいでしょうか。

ここで気がつきました。今の俺にNexus7って本当に必要?と。でもNexus7の性能なら読書だって十分満足(画質がきれい)だし・・・。そんな中さらに追い打ちをかけたのがタッチの不具合。個体によって不具合を抱えている端末である事は認識していましたが、ここ最近タッチに反応してくれない事が多くなってきまして。

Nexus7を買い取りに出したらKindle Paperwhite買ってもお釣りもくるし、買い替えちゃえ!と思い至った訳です。だらだら書いたら長くなりました。

自転車操業的な買い替えを繰り返していることについて

一歩引いて総合的に見てみると、買っては少し触って売り、また買っては少し触って売りを繰り返しているので、財布にはやさしくないですよね(笑)自分でもわかっているつもりです。

でもとりあえず自分の物欲の赴くままに行動できるうちは、これでもいいのかな?なんて若干開き直っている部分もあります。触ってみたいものを触る(ちかんとかはダメですよ)とか、お金がなくなっても死ぬ訳ではないので、結果的に間違った選択だったとしても良い勉強費用になったかなと思うようにしてます。

というかそう思うようにしないと思い切れませんので。

Kindle Paperwhiteが届くのは明後日

Nexus7はすでに初期化(ファクトリーイメージを焼いて、ブートローダーも再ロックして)しましたので、今日明日は電子書籍での読書が出来ません。とりあえず何冊か買いだめしてある本があるので、それで読書欲を満たしたいと思います。

Kindle Paperwhiteが届いたら、またレビューを書きますので、お楽しみに!