Huawei WATCH GT スポーツエディション

通販サイトAmazon.co.jpの特選タイムセールにて、Huawei Technologies(華為技術/ファーウェイ。以下、Huawei)「WATCH GT Sport Edition」を特売中。

セール開始前の通常価格から27%オフとなる、税込11,800円の特価で販売されています。また1%相当のAmazonポイント還元付きです。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazonタイムセールで割引販売されているのはHuawei WATCH GT(型番:FTN-B19)のSport Edition。

取り扱うのは日本仕向けの国内正規品。黒色のケースに黒色のシリコーンストラップが標準装着されています。

2020年5月23日(土)時点におけるセール価格は11,800円(配送料・消費税込み)。セール価格に対して1%相当(118円分)のAmazonポイント還元付きであり、セール価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は11,682円です。

参考までに、タイムセール開始前の税込価格は16,091円。

Amazonのタイムセールは通常価格に対して27%オフ(4,291円オフ)+118ポイント還元付きという内容です。

このタイムセールの実施期間は2020年5月23日(土)の23時59分までとなっています。

(Source:Amazon.co.jp

製品情報

「Huawei WATCH GT(46mm)」の特徴

Huawei WATCH GT(46mm)は2018年10月にHuaweiが海外で発表していたスマートウォッチ。

日本では2018年12月上旬に国内正規品が発売されていました。

外装はステンレス素材をベースとし、ベゼルパーツには強度や軽さに優れるセラミックを使用。

本体は5気圧防水(5ATM規格)設計で、水泳中の装着も可能です。水泳時に手首に装着すればストローク数(水をかいた回数)なども自動で計測できます。

前面には情報表示と操作に使える、1.39インチ(454×454ドット)で円形の有機ELディスプレイを搭載。操作には画面へのタッチ操作のほか、右側面の2つの物理ボタンも使用できます。

ソフトウェアは独自OS「LiteOS」を採用。プロセッサはユーザーの利用情報に応じて動作が切り替わるデュアル設計です。

内蔵するバッテリー容量は420mAh。前述のデュアル設計のプロセッサにより、心拍数の継続監視から位置測位、通知、トレーニングのコーチング機能までフルに使う“ヘビーユース”時でも2週間、よりシンプルに使う“通常使用”時には30日程度バッテリーが持つ省電力性を特徴としてうたいます。

背面には心拍センサーを配置。心拍モニタリング技術「HUAWEI TruSeen」により、正確な心拍数がリアルタイムで計測可能です。睡眠関係の問題改善に役立つ睡眠トラッキング技術「HUAWEI TruSleep」もサポートします。

「Huawei WATCH GT(46mm)」の技術仕様

Huawei公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、Huawei WATCH GT(型番:FTN-B19)の主な仕様情報は次のとおり。

Huawei WATCH GT(FTN-B19)のスペック表
ケースの外寸と重量
高さ 54.2mm
横幅 46.5mm
厚さ 10.6mm
バンド幅 22mm
重さ 46g(ベルトを含まず)
システム
OS LiteOS
互換条件
  • Android OS
    • Android 4.4以降
  • iOS
    • iOS iOS 9.0以降
SoC 詳細情報なし
RAM 詳細情報なし
ROM 詳細情報なし
バッテリー 420mAh
センサー類
  • 加速度センサー
  • ジャイロセンサー
  • 磁気センサー(コンパス)
  • 光学式心拍センサー
  • 環境光センサー
  • 気圧センサー
ディスプレイ
大きさ 1.39インチ
解像度 454×454ドット
種類 AMOLED
通信機能(モバイル)
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE
TD-LTE
3G WCDMA
(UMTS)
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi 非対応
Bluetooth Version 4.2
衛星測位
システム
  • GPS
  • GLONASS
  • Galileo
その他
防塵防水 5気圧防水(5ATM)
おサイフケータイ 非対応