Mobvoi TicWatch Pro RAM1GB Liquid Metal Silver

通販サイトAmazon.co.jpにて、Mobvoi「TicWatch Pro 2020」が発売。税込価格30,899円で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.co.jpで新発売となっているのはMobvoi TicWatch Pro 2020。

Amazonマーケットプレイスを介してメーカー(Mobvoi Japan)が販売するBluetoothモデルです。1GBのシステムメモリや4GBの内蔵ストレージを搭載します。

注文できる本体カラーは2色(シャドーブラック/リキッドメタルシルバー)。

2020年3月29日(日)時点における価格設定は、販売価格が30,899円(配送料・消費税込み)です。

(Source:Amazon.co.jp

製品情報

「TicWatch Pro 2020」の特徴

TicWatch Pro 2020(ティックウォッチプロ2020)は2020年2月にMobvoi(モブボイ)が海外で発表していたスマートウォッチ。

ベース製品は日本でも2018年8月に発売されていた「TicWatch Pro」。デザインや機能面はそのままに、RAM容量を2倍(512MB→1GB)に増強した“アップグレードモデル”です。

本体はIP68等級の防塵防水設計。外装はベゼルとリアカバーがステンレス製、それ以外はグラスファイバーで強化された硬質ナイロン製です。

ストラップはイタリアンレザーとシリコン素材を組み合わせたハイブリッドタイプ。ストラップ幅は22mmで、取り外しや市販の腕時計用替えバンドとの付け替えも可能です。

前面には透明な液晶ディスプレイと有機ELディスプレイを二層に重ねた、1.39インチ(400×400ドット)の円形画面を搭載します。

内蔵するバッテリーの容量は415mAh。充電には本体裏面の磁気ピンおよび同梱される専用ケーブルを使用します。

連続駆動時間は日時や心拍数、歩数などを白黒でシンプルに表示する「エッセンシャルモード」で最大30日間ほど。スマートウォッチとしてすべての機能が使える「スマートモード」でも2~5日ほどと省電力性を特徴としてうたいます。

ソフトウェアはWear OS by Google(旧Android Wear)を採用しています。本体内部にはGPSや心拍センサー、マイク、スピーカーも搭載。Google FitやGoogleアシスタントをはじめとするWear OS by Google対応のアプリを幅広く利用可能です。

「TicWatch Pro 2020」の技術仕様

Amazon.co.jpの商品ページなどにて確認できる、Mobvoi TicWatch Pro 2020のおもな仕様情報は次のとおり。

Mobvoi TicWatch Pro 2020のスペック表
外寸と重量
ケースの直径 45.0mm
ケースの厚さ 12.6mm
バンド幅 22mm
※ストラップ脱着・付替え可能
重さ 58.5g
システム
OS Wear OS by Google
互換条件
  • Android OS
    • Android 4.4以降
  • iOS
    • iOS 9.3以降
SoC Qualcomm Snapdragon Wear 2100
Quad-Core(4コア)
RAM 1GB
ROM 4GB
バッテリー 415mAh
センサー類
  • 加速度センサー
  • ジャイロセンサー
  • 磁気センサー
  • 心拍センサー
  • アンビエントライトセンサー
  • 低遅延オフボディ検出センサー
  • マイク
  • スピーカー
ディスプレイ
大きさ 1.39インチ
解像度 400×400ドット
種類 AMOLED + FSTN LCD
※二層設計
通信機能(モバイル)
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE
TD-LTE
3G WCDMA
(UMTS)
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.2
衛星測位
システム
  • GPS
  • AGPS
その他
防塵防水 IP68
おサイフケータイ 非対応