Samsung Galaxy Buds+ ブルー

通販サイトAmazon.co.jpにて、Samsung Electronics(サムスン電子。以下、Samsung)「Galaxy Buds+」が発売。税込価格17,800円で販売されています。また1%相当のAmazonポイント還元付きです。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.co.jpで新発売となっているのはSamsung Galaxy Buds+(型番:SM-R175)。

取り扱うのは日本仕向けの国内正規品。

注文できる本体カラーは3色(コズミックブラック/ホワイト/クラウドブルー)です。

2020年3月12日(木)時点における価格設定は、販売価格が17,800円(配送料・消費税込み)購入予約の受付開始直後から1,112円安くなりました。

販売価格に対して1%相当(178円分)のAmazonポイント還元付きであり、販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は17,622円です。

(Source:Amazon.co.jp

製品情報

「Galaxy Buds+」の特徴

Galaxy Buds+(Galaxy Buds Plus。ギャラクシーバズプラス)は2020年2月にSamsungが海外で発表していたフルワイヤレス型のイヤホン。

製品自体は完全に分離した左右のイヤホンと充電ケースの3点構成。

イヤホンの外側にはタッチセンサーを配置。タップやタップ&ホールドなど、イヤホンへの簡単なジェスチャーだけで(接続するスマホを使わずとも)「音楽の再生/停止」「曲送り/曲戻し」などの操作が可能です。

イヤホンは装着時には耳の穴をふさぐカナル型の設計ですが、外音取り込み機能を使えば、イヤホンを付けたまま周囲の音にも気を配れます。

音響機能ではSamsung傘下の音響機器メーカーHarman International Industries(ハーマン・インターナショナル・インダストリーズ)のAKGブランドがサウンドチューニングを担当。

イヤホン内部には高音域用のツイーターと低音域用のウーファーから構成される2ウェイ設計のスピーカー、ノイズの少ない高品質な通話を実現するための3つのマイクを搭載します。

内蔵するバッテリーの容量はイヤホンが左右それぞれ85mAh。充電ケースは270mAh。イヤホン単体だと連続で最大11時間、充電ケースと組み合わせれば最大22時間使うことができます。イヤホン自体は急速充電もサポートしており、おおよそ3分ケースにしまえば約1時間使えるだけの充電が可能です。

ケースを充電する際に使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-C。ケースはQi(チー)規格準拠のワイヤレス充電にも対応しており、互換性のある無線充電機器を使えば“置くだけ充電”が可能です。

「Galaxy Buds+」の技術仕様

Galaxyブランド公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、Samsung Galaxy Buds+(型番:SM-R175)のおもな仕様情報は次のとおり。

Samsung Galaxy Buds+(SM-R175)のスペック表
サイズと重さ
イヤホン
  • 外寸:19.2mm × 17.5mm × 22.5mm
  • 重量:6.3g
充電ケース
  • 外寸:26.5mm × 70.0mm × 38.8mm
  • 重量:39.6g
システム
互換条件
  • Android OS
    • Android 5.0以降
    • RAM容量が1.5GB以上
  • iOS
    • iOS 10以降
    • iPhone 7以降
コーデック
  • AAC
  • SBC
  • Scalable Codec(Samsung独自)
バッテリー
  • イヤホン
    • 85mAh
  • 充電ケース
    • 270mAh
センサー類
  • 加速度センサー
  • ホールセンサー
  • 近接センサー
  • タッチセンサー
  • マイク
  • スピーカー
通信機能
Bluetooth Version 5.0