Huawei Band 4 Pro グラファイトブラック

通販サイトAmazon.co.jpにて、Huawei Technologies(華為技術/ファーウェイ。以下、Huawei)「Huawei Band 4 Pro」が発売。税込価格8,888円で販売されています。また1%相当のAmazonポイント還元付きです。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.co.jpで新発売となっているのはHuawei Band 4 Pro(型番:TER-B19S)。

取り扱うのは日本仕向けの国内正規品。本体カラーは3色(グラファイトブラック/ピンクゴールド/シナバーレッド)での展開です。

2020年1月17日(金)時点における価格設定は、販売価格が8,888円(配送料・消費税込み)購入予約の受付開始直後から890円安くなりました。

販売価格に対して1%相当(89円分)のAmazonポイント還元付きであり、販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は8,799円です。

参考までに、Huawei Band 4 Proの日本向け価格は税込みで9,680円。Amazonでは日本向け価格に対して実質9%オフ(=792円オフ+89ポイント還元)で販売されています。

(Source:Amazon.co.jp

製品情報

「Huawei Band 4 Pro」の特徴

Huawei Band 4 Pro(ファーウェイバンド4プロ)は2019年12月にHuaweiが海外で発表していたリストバンド型の活動量計。

日本では2020年1月になり、国内発売が正式案内されていました。

外装素材にステンレスとプラスチックを採用した本体は、水泳時の着用にも耐える5気圧防水設計。ストラップ(ベルト)はシリコンゴム製です。

表面には情報表示や操作に使える、0.95インチ(240×120ドット)でタッチセンサー内蔵のカラー有機ELディスプレイを搭載します。

裏面には光学式の心拍モニターを配置。本体内部には加速度センサーとジャイロセンサーで構成される6軸センサーや装着検知センサーも内蔵します。衛星測位システムとしてGPSも搭載しており、連携するスマホを持たずに外出した場合でも、帰宅後に位置情報を確認できます。

内蔵するバッテリーの容量は100mAh。通常使用で約12日間、GPSで連続的に位置測位をおこなう使い方だと約7時間の連続動作が可能とうたいます。なお2019年11月に発売された“無印モデル”の「Huawei Band 4」とは本体設計が異なり、充電にはパッケージに同梱される専用ケーブルが必要です。

“スマートウォッチ代わり”にもなるウェアラブルデバイスとして、接続するスマホに届いたメッセージやSNS通知、カレンダーのスケジュール情報など受け取ることももちろん可能。連携したスマートフォンの探索もできるほか、EMUI 8.1以降を搭載するHuawei製スマホとセットで使う場合はカメラのシャッターを遠隔で操作するリモコンとしても機能します。

アクティブトラッキングに関する機能面では歩数や心拍数、距離、消費カロリーなどを記録できます。また心拍数を24時間リアルタイムにモニタリングする「TruSeen」、睡眠内容を観測し改善を助ける分析機能「TruSleep」など、Huawei独自の機能もサポートします。

「Huawei Band 4 Pro」の技術仕様

Huawei公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、Huawei Band 4 Pro(型番:TER-B19S)のおもな仕様情報は次のとおり。

Huawei Band 4 Pro(TER-B19S)のスペック表
外寸と重量
高さ 45mm
横幅 19mm
厚さ 11mm
重さ 25g(ストラップを含む)
システム
OS 独自OS
互換条件
  • Android OS
    • Android 4.4以降
  • iOS
    • iOS 9.0以降
SoC 公式情報なし
RAM 公式情報なし
ROM 公式情報なし
バッテリー 100mAh
センサー類
  • 6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)
  • 光学式心拍センサー
  • 装着検知センサー
ディスプレイ
大きさ 0.95インチ
解像度 240×120ドット
種類 AMOLED
通信機能(モバイル)
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE
TD-LTE
3G WCDMA
(UMTS)
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi 非対応
Bluetooth Version 4.2
衛星測位
システム
  • GPS
その他
防塵防水 5ATM(5気圧防水)
おサイフケータイ 非対応