CASIO PRO TREK Smart WSD-F21HR

通販サイトAmazon.co.jpにて、CASIO(カシオ計算機)Smart Outdoor Watchシリーズ「PRO TREK Smart WSD-F21HR」を特売中。

メーカー希望小売価格から22%オフとなる、税込48,088円の過去最安値で販売されています。また1%相当のAmazonポイント還元付きです。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.co.jpで割引販売されているのはCASIO PRO TREK Smart WSD-F21HR。

取り扱うのは日本仕向けの国内正規品。セール対象の本体カラーはレッド(Red)です。

2019年10月22日(火)時点における価格設定は、販売価格が48,088円(配送料・消費税込み)。販売価格に対して1%相当(481円分)のAmazonポイント還元付きであり、販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は47,607円です。

参考までに、日本向けに設定されたPRO TREK Smart WSD-F21HRの希望小売価格は税込み(※消費税率10%計算)で61,600円。

Amazonのセールではメーカー希望小売価格に対して22%オフ(13,512円オフ)+1%ポイント還元付きと特価、かつ過去最安値で提供されています。

(Source:Amazon.co.jp

製品情報

「WSD-F21HR」の特徴

WSD-F21HRは2019年8月にCASIOが日本で発表していたPRO TREK Smart(プロトレックスマート)シリーズのスマートウォッチ。日本では同年9月中旬から発売中です。

本体は5気圧防水設計に加え、米国防総省が定める軍用品調達規格「MIL-STD-810G」(Military Standard。通称“ミルスペック”)の9項目にも準拠。落下や振動、湿度、太陽光照射、低圧保管、低圧動作、低音保管、温度衝撃、氷結への優れた耐性を備えます。

バンドには柔軟性と耐久性に優れるソフトウレタン素材を採用。バックルはダブルピン設計です。

前面には情報表示および操作に使う1.32インチの円形ディスプレイを搭載。ディスプレイはカラー液晶ディスプレイとモノクローム液晶ディスプレイを重ねた二層構造です。

モードや機能ごと2種類のディスプレイを使い分けることで、スマートウォッチの全機能を使う「通常使用(※GPSオフ)」で約1.5日、時計機能とセンサー類(高度・気圧など)だけを有効化する「マルチタイムピースモード」ならおおよそ1ヶ月の連続駆動が可能とうたいます。

裏面には“PRO TREK Smartシリーズ初”となる光学式の心拍センサーを配置。新たに追加されたウォッチフェイス(文字盤デザイン)の「ハートレート」を設定しておくと、内蔵する加速度センサーが動きを検知した際、画面表示が自動で心拍計測画面に切り替わります。

衛星による位置測位も3つのシステム(アメリカのGPS、ロシアのGLONASS、日本のみちびき)に対応。デバイス単体で現在地確認はもちろん、あらかじめ本体内に地図データをダウンロードしておけば、電波圏外でも地図表示・現在地がおこなえます。

「WSD-F21HR」の技術仕様

日本での製品発表時にCASIOが案内したニュースリリースにて確認できる、CASIO PRO TREK Smart WSD-F21HRのおもな仕様情報は次のとおり。

CASIO PRO TREK Smart WSD-F21HRのスペック表
ケースサイズと重さ
61.7mm
57.7mm
厚さ 16.8mm
重さ 81g(バンド含む)
システム
OS Wear OS by Google
互換性
  • Android OS:
    Android 4.4以降(Go Editionは除く)
  • iOS:
    iOS 10.0以降
連続動作時間
  • 通常使用(GPSオフ):約1.5日
  • 通常使用(GPSオン):最大20時間
  • 時計とセンサーのみ:約1ヶ月
ディスプレイ
サイズ 1.32インチ
解像度
  • カラー:320×300ドット
  • モノクロ:不明(詳細記載なし)
種類
  • カラーTFT液晶+モノクロ液晶(※2層構造)
通信方式
衛星測位
システム
  • GPS
  • GLONASS
  • みちびき
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
機器類
  • マイク
  • バイブレーター
センサー類
  • 心拍センサー
  • 磁気センサー
  • 圧力(高度/気圧)センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
防水性能 5気圧防水