Huawei WATCH GT

通販サイトAmazon.co.jpが2019年7月15日(月)・16日(火)の2日間で開催する、プライム会員限定の特売プロモーション「prime day」。

このセール対象として、Huawei Technologies(華為技術/ファーウェイ。以下、Huawei)「WATCH GT」シリーズが登場。

日本向け価格に対し最大で実質24%オフとなる、税込18,634円~(+1%ポイント還元付き)の特価で提供されています。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.co.jpのprime dayにて割引販売されているのはHuawei WATCH GT。

日本仕向けの国内正規品で、セール対象は「Classic Edition」「Active Edition」「Elegant Edition」の3種類です。

Classic Edition

2019年7月15日(月)時点におけるセール価格は21,490円(消費税・配送料込み)。通常価格に対し1%相当(257円分)のAmazonポイント還元付きであり、販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は21,233円です。

参考までに、WATCH GT Classic(型番:FTN-B19)の日本向け税込価格は27,950円。今回のセールはWATCH GT Classicを日本向け価格に対して実質24%オフの金額で入手できる内容です。

この特選タイムセールの実施期間は2019年7月16日(火)の23時59分まで。セール価格で購入する条件として有料会員サービス「Amazon Prime」への加入が必要です。

Active Edition

2019年7月15日(月)時点における販売価格は24,277円(消費税・配送料込み)プライム会員なら会計時に10%相当(2,428円)の割引が適用され、実際には21,849円で購入できます

また上記割引とは別に、販売価格に対し1%相当(243円分)のAmazonポイント還元付きであり、割引後の販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は21,606円です。

参考までに、WATCH GT Active(型番:FTN-B19)の日本向け税込価格は24,710円。今回のセールはWATCH GT Activeを日本向け価格に対して実質13%オフの金額で入手できる内容です。

なお10%オフの割引は「Prime Dayセール」と案内されており、プロモーションの実施期間は2019年7月16日(火)の23時59分までと予想されます。またこのプロモーション価格で購入するためには有料会員サービス「Amazon Prime」への加入が必要です。

Elegant Edition

2019年7月15日(月)時点における販売価格は20,705円(消費税・配送料込み)プライム会員なら会計時に10%相当(2,071円)の割引が適用され、実際には18,634円で購入できます

また上記割引とは別に、販売価格に対し1%相当(207円分)のAmazonポイント還元付きであり、割引後の販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は18,427円です。

参考までに、WATCH GT Elegant(型番:ELA-B19)の日本向け税込価格は22,550円。今回のセールはWATCH GT Elegantを日本向け価格に対して実質18%オフの金額で入手できる内容です。

なお10%オフの割引は「Prime Dayセール」と案内されており、プロモーションの実施期間は2019年7月16日(火)の23時59分までと予想されます。またこのプロモーション価格で購入するためには有料会員サービス「Amazon Prime」への加入が必要です。

(Source:Amazon.co.jp

製品情報

「WATCH GT」の特徴

WATCH GTシリーズは2018年10月からHuaweiが海外で発表していたスマートウォッチ。日本では46mmサイズの製品が3種類(スポーツエディション/クラシックエディション/アクティブエディション)、42mmサイズの製品も1種類(エレガントエディション)発売中です。

本体外装はステンレス素材をベースとし、ベゼルパーツはより強度や軽量さに優れるセラミック素材を使用。前面には46mmサイズの製品だと1.39インチ(454×454ドット)、42mmサイズの製品については1.2インチ(390×390ドット)の円形有機ELディスプレイを備えます。

独自OS「LiteOS」やユーザーの利用情報に応じて動作が切り替わるデュアル設計のプロセッサ搭載による「省電力性能」が大きな特徴。心拍数の継続監視から位置測位、通知、トレーニングのコーチング機能までをフルに使う“ヘビーユース”時でも1週間以上使い続けられるとうたいます。

背面には「HUAWEI TruSeen」と呼ばれる心拍モニタリング技術を搭載。従来と比べてより効率的かつ正確な心拍数がリアルタイムで計測できます。また睡眠関係の問題改善に役立つ睡眠トラッキング技術「HUAWEI TruSleep」にも対応します。

本体は水泳中にも装着できる防水設計。ランニングなど陸上運動での装着はもちろん、水泳時に手首に装着すればストローク数(水をかいた回数)なども自動で計測可能です。

「WATCH GT」の技術仕様

Huawei公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、Huawei WATCH GTシリーズの主な仕様情報は次のとおり。

Huawei WATCH GTシリーズのスペック表
サイズと重さ
46mm版
  • サイズ:(W)46.5×(H)54.2×(D)10.6mm
  • 重量:46g
  • ベルト幅:22mm
42mm版
  • サイズ:(W)42.8×(H)48.8×(D)10.5mm
  • 重量:36.2g
  • ベルト幅:22mm
ディスプレイ
46mm版
  • サイズ:1.39インチ
  • 解像度:454×454ドット
  • 種類:AMOLED
42mm版
  • サイズ:1.2インチ
  • 解像度:390×390ドット
  • 種類:AMOLED
システム
OS LiteOS(独自OS)
互換性
  • Android OS:Android 4.4 以上
  • iOS:iOS 9.0 以上
バッテリー 詳細情報なし
通信方式
Wi-Fi -(非対応)
Bluetooth Version 4.2
NFC -(非対応)
測位システム
  • GPS
  • Glonass
  • Galileo
その他
センサー類
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
  • 磁気センサー(コンパス)
  • 心拍センサー
  • 環境光センサー
  • 気圧センサー
防塵防水 5ATM(5気圧防水)