※記事末に追記あり

Samsung Galaxy Watch Active

通販サイトAmazon.co.jpにて、Samsung Electronics(サムスン電子。以下、Samsung)のGalaxyブランドスマートウォッチ「Galaxy Watch Active」購入の予約受付がはじまりました。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.co.jpで新たに予約受付中となっているのはGalaxy Watch Active(型番:SM-R500)。日本では“Amazon限定”で販売される国内正規品で、注文できる本体カラーは3色(シルバー/ローズゴールド/グリーン)。

2019年5月13日(月)時点における価格設定は、販売価格が24,300円(消費税・配送料込み)

Amazon.co.jpでのGalaxy Watch Activeの発売予定日は2019年5月23日(木)です。

(Source:Amazon.co.jp

製品情報

「Galaxy Watch Active」の特徴

Galaxy Watch Activeは2018年2月にSamsungが海外で発表していたスマートウォッチ。日本では2019年5月にAmazon.co.jpの専売品として、発売が正式発表されました。

本体外装はアルミニウム製。5気圧防水およびIP68等級の防塵防水設計に加え、米国防総省の軍用品調達規格(Military Standard。ミルスペック)に準拠する耐久性・堅牢性も備えます。

ストラップ素材には「耐久性」「しなやかさ」に優れるフルオロエラストマーを採用。ストラップ幅は20mmで着脱にも対応し、市販の腕時計用替えバンドへの付け替えも可能です。

前面には情報の表示やタッチ操作に用いる1.1インチ(360×360ドット)で円形の有機ELディスプレイを搭載。端末操作には画面のほか、右側面に配された2つの物理キーも使用します。

なお直近のSamsung製スマートウォッチとは異なり、回転式の操作ベゼルは非採用です。

出荷時点で搭載するソフトウェアバージョンはTizen 4.0。Android OSデバイスでも、iOSデバイスでも連携できる互換性を備えます。

搭載するバッテリーの容量は230mAh。1回の充電で2日間ほど使えるとうたいます。充電はQi(チー)規格に準拠したワイヤレス方式で、スマホなどの充電に使用する無線充電器を使い回すことも可能です。

機能面では「接続したスマホへの着信を受けて会話」「メッセージなどの通知を確認」「日々の活動内容やワークアウトを記録」「睡眠分析やストレス管理に役立つマネジメント機能」が利用できます。

「Galaxy Watch Active」の技術仕様

Galaxyブランド公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、Samsung Galaxy Watch Active(型番:SM-R500)の主な仕様情報は次のとおり。

Samsung Galaxy Watch Active(SM-R500)のスペック表
外寸と重さ
ケースの縦横 39.5mm × 39.5mm
ケースの厚さ 10.5mm
重量 25g
バンド幅 20mm
システム
OS Tizen 4.0
互換条件
  • Android OS:
    • Android 5.0以降
    • RAM容量が1.5GB以上
  • iOS:
    • iOS 9.0以降
    • iPhone 5以降
SoC Samsung Exynos 9110 Dual-Core

  • 1.15GHz x 2
RAM 768MB
ROM 4GB
バッテリー 230mAh
センサー
  • 加速度センサー
  • 気圧センサー
  • ジャイロスコープ
  • 心拍数モニター
  • 周囲光センサー
ディスプレイ
サイズ 1.1インチ
解像度 360×360ドット
種類 Super AMOLED
通信方式
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.2
衛星測位
システム
  • GPS
  • Glonass
  • Beidou
  • Galileo
その他
防塵防水
  • 5ATM(5気圧防水)
  • IP68

追記情報

2019年5月23日

Amazon.co.jpでGalaxy Watch Activeが発売されました。

最新の価格情報など、詳細は以下の関連記事にて。