OPPO R11s

通販サイトAmazon.co.jpが2019年2月1日(金)~2月3日(日)にかけて開催する特売プロモーション「Amazonタイムセール祭り」。

この特選タイムセール品として、OPPO Mobile Telecommunications(オッポ。以下、OPPO)「R11s」が登場。

セール開始前の通常価格に対して21%オフとなる、税込29,980円の特価で提供されています。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazonタイムセール祭りにて割引販売されているのはOPPO R11s。日本仕向けにローカライズが施されたSIMフリー仕様の国内正規品です。セール対象の本体カラーは全3色(ブラック/レッド/シャンパン)。

2019年2月1日(金)時点におけるセール価格29,980円(消費税・配送料込み)

タイムセール開始前の販売価格は税込37,980円であり、タイムセールによって21%オフ(8,000円OFF)となっています。

なおこの特選タイムセールの実施期間は2019年2月3日(日)23時59分までです。

(Source:Amazon.co.jp

製品情報

「R11s」の特徴

R11sは2017年11月にOPPOが海外で発表していたスマートフォン。日本では2018年2月に発売されていました。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比18:9で6.01インチ・フルHD+解像度(2160×1080ドット)の有機ELディスプレイを搭載。「狭額縁」「縦長画面」などトレンド要素を取り入れ、大画面と持ちやすい本体サイズの両立が図られています。

OSはAndroidベースのColorOSを搭載。iOSの独自機能であるAirDropと同様に、ColorOS 3.2搭載デバイス間であればモバイルデータ通信を使わずデータが転送できる「OPPO Share」機能などをサポートします。

背面カメラはデュアル設計。昼間など明るいシーン向けに設計された1,600万画素のカメラ、夜間など暗いシーン向けに設計された2,000万画素のカメラで構成されます。レンズの絞り値(F値)はいずれのカメラもf/1.7です。

2つのカメラは撮影シーンの照度をスマホ側で感知し、自動で切り替わる設計。夜間向けに設計された2,000万画素のカメラにはイメージセンサーの画素を結合し、1画素あたり通常比4倍の受光面積を実現する自動調整機能付き。シーンを問わず、ノイズを抑えた高い撮影性能が期待できます。

前面カメラは2,000万画素のイメージセンサーとf/2.0のレンズで構成。被写体の顔を254のポイントで認識し、200万種類以上ものパターンから最適な美顔効果を自動で施すA.I.ビューティーセンサーを搭載します。

端末のロック解除などに使える生体認証機能は指紋認証と顔認証の2種類をサポート。顔認証は精度面からセキュリティレベルは低めとするものの、認識を0.08秒と超短時間でおこなえる設計です。

「R11s」の技術仕様

OPPO公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、OPPO R11s(日本版)の主な仕様情報は次のとおり。

OPPO R11s(日本版)のスペック表
サイズと重さ
高さ 155.1mm
横幅 75.5mm
厚さ 7.1mm
重さ 153g
システム
OS ColorOS 3.2 based on Android 7.1
SoC Qualcomm Snapdragon 660 Octa-Core
RAM 4GB
ROM 64GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 3,205mAh
ディスプレイ
サイズ 6.01インチ
解像度 FHD+(2160×1080ドット)
種類 AMOLED
カメラ
背面 デュアルカメラ

  • プライマリ:1,600万画素
  • セカンダリ:2,000万画素
前面 2,000万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 18
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水