Huawei Mate 10 Pro

通販サイトAmazon.co.jpにて、Huawei Technologies(華為技術/ファーウェイ。以下、Huawei)「Mate 10 Pro」とLINEモバイルエントリーパッケージのセット品購入に使える割引クーポンを配布中。

元の販売価格がすでに(端末単体の)市場想定価格に対して45%オフであり、クーポン適用後の割引内容は合計48%オフ(46,711円OFF)に。税込50,273円の特価にて購入可能です。

SPONSORED LINK

Amazon.co.jpで割引クーポンが配布されているのはHuawei Mate 10 Pro(型番:BLA-L29)にLINEモバイルのエントリーパッケージをバンドルしたセット品。

セットに含まれるMate 10 Proは日本仕向けでSIMロックフリーおよびDual SIM仕様の国内正規代理店品。6GBのシステムメモリや128GBの内蔵ストレージを搭載します。セール対象の本体カラーはチタニウムグレー(Titanium Gray)1色のみ。

2018年12月27日(木)時点におけるセット品の販売価格は53,273円(消費税・配送料込み)

ここに「商品の販売・発送者がAmazon.co.jp」の条件を満たすと、商品ページ上に割引クーポン適用のチェック欄が出現。クーポンを使うことで会計時に3,000円が割引され、50,273円(消費税・配送料込み)にて購入できます。

なお今回紹介している割引クーポンの配布対象は全Amazonユーザー。有料会員サービス「Amazonプライム」未加入者でも利用可能です。

Mate 10 Proは2017年10月にHuaweiが海外で発表していたスマートフォン。日本でも国内仕向けでSIMフリー仕様の正規代理店品が同年12月に発売。また2018年5月にはSoftBank(ソフトバンク)も「HUAWEI Mate 10 Pro」としてキャリアモデルを発売しています。

本体はIP67等級の防塵耐水設計で、前背面の外装にはガラスを使用。背面ガラスは人間工学に基づいた曲面設計で、見た目のよさだけでなく、持ちやすさ向上も図っています。

ベゼルレスデザインを採用する前面には、6.0インチ・フルHD+解像度の有機ELディスプレイを搭載。「狭額縁」「縦長画面」などトレンド要素を取り入れ、大画面と持ちやすい本体サイズの両立が図られています。

チップセットはHuawei自社製のKirin 970。AI処理専用のプロセッサ「NPU(Neural Processing Unit)」を備え、解析処理を端末内で実行可能に。解析処理時間の短縮、オフライン時でも解析実行可能などのメリットを有します。

背面にはライカと協業で開発されたデュアルレンズカメラを搭載。

プライマリカメラが2,000万画素のモノクロームイメージセンサーにf/1.6のレンズ、セカンダリカメラは1,200万画素のRGBカラーセンサーにf/1.6のレンズという構成です。各カメラで記録した情報を合成し、色彩・コントラスト・ディテールを1枚の写真にバランスよくまとめます。

またKirin 970が備えるNPUにより、撮影シーンや被写体の状態を認識し、色味・コントラスト・明るさ・露出などを最適な状態に自動補正する機能も盛り込まれています。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として背面搭載のセンサーを使った指紋認証、さらに発売後に配信されたソフトウェアアップデート適用後には前面カメラを使った顔認証もサポートします。

対応するLTEの周波数帯が幅広いことに加え、2018年12月現在は4G通信で高品質に音声通話をおこなう「VoLTE(ボルテ)」もNTTドコモ、SoftBank、auの3社の規格に対応。マルチキャリア性に優れることも魅力です。

そのほかHuawei公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、Huawei Mate 10 Pro(型番:BLA-L29/日本版)の主な仕様情報は次のとおり。

Huawei Mate 10 Pro(BLA-L29/日本版)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 154.2mm
横幅 74.5mm
厚さ 7.9mm
重さ 178g
システム
OS Android 8.0 / EMUI 8.0
SoC HUAWEI Kirin 970 Octa-Core

  • 2.36GHz x 4
  • 1.8GHz x 4
RAM 6GB
ROM 128GB
SDカード 非対応
バッテリー 4,000mAh
ディスプレイ
サイズ 6.0インチ
解像度 FHD+(2160 x 1080)
種類 OLED
カメラ
背面 デュアルカメラ

  • 1,200万画素(RGBカラー)
  • 2,000万画素(モノクローム)
前面 800万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 9
Band 12
Band 17
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
Band 32
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IP67

バンドルされるLINEモバイルのエントリーパッケージはNTTドコモおよびSoftBank回線のSIMカード申し込みに利用可能。また実際に使用(回線開通)せずともペナルティはありません。「MVNOのエントリーパッケージとはどういったものか?」については、以下の記事も参考にどうぞ。

2018年12月27日(木)時点におけるHuawei Mate 10 Pro(型番:BLA-L29)の国内実勢価格は64,000円(消費税込み)前後。たとえば量販店のビックカメラでは“期間限定”で20%のポイント還元を設定していますが、それでも販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は51,736円。

Amazon.co.jpを利用して購入すれば、さらに1,463円安くHuawei Mate 10 Proが入手できる計算です。

Source:Amazon.co.jp