JBL FREE X

通販サイトAmazon.co.jpが有料会員サービス「Amazonプライム」加入者を対象に、Harman International Industries(ハーマン・インターナショナル・インダストリーズ)保有のJBLブランド製フルワイヤレスイヤホン「JBL FREE X」購入時に利用できる割引施策を複数用意。

用意された割引施策をすべて併用した場合、割引率は(メーカー直販サイトでの販売価格比で)最大35%に。JBL FREE X自体を税込み10,848円の特価で購入可能です。

SPONSORED LINK

Amazon.co.jpにて複数の割引施策が用意されているのはJBL FREE X。1年間のメーカーが付帯する日本仕向けの国内正規品です。対象の本体カラーは2色(ブラック/ホワイト)。

2018年11月24日(土)時点における価格設定は、販売価格が14,463円(消費税・配送料込み)。同日時点におけるハーマン公式通販サイトでの直販価格は16,070円であり、すでに10%の割引が適用されています。

さらにAmazon.co.jpでは次にあげる3つの割引施策を用意。

Amazon.co.jpが「JBL FREE X」に用意している割引施策

  1. 5%の割引クーポンを配布(※Amazonプライム会員限定)
  2. レジにて追加で10%オフ(※Amazonプライム会員限定)
  3. 対象商品(音楽CD)とのセット購入で「JBL FREE X」の代金が10%オフ

上記3つの割引施策は併用が可能。すべての割引施策を適用した場合における「JBL FREE X」本体分の割引後価格は10,848円(消費税・配送料込み)です。

(※会計時には上記に加え、施策適用の条件である音楽CDの代金も発生します)

JBL FREE X(フリーエックス)は2018年10月に日本国内で発売された左右完全独立型(フルワイヤレス型)のBluetoothイヤホン。

Samsung Electronics(サムスン電子)傘下にある音響機器メーカーのハーマンインターナショナルが保有するブランド「JBL(ジェイビーエル)」から登場したフルワイヤレスイヤホン製品の第二世代モデルです。

左右に分離したイヤホン本体はIPX5等級の防滴設計。人間工学に基づき設計されたインイヤー型デザイン、パッケージに同梱される3サイズのイヤチップや2種類のソフトカバーにより、運動時にも使いやすい優れた装着性をうたいます。

バッテリーはイヤホン本体とケースの両方に内蔵。イヤホン本体のみで最大約4時間の音楽再生が可能とし、充電ケースを使えばイヤホンに最大20時間分の給電も可能。イヤホン+充電ケースをセットで使うことにより、1度のフル充電で最大24時間音楽が楽しめます。イヤホンには約15分の充電で音楽を最大1時間再生できる急速充電機能も備えます。

充電ケースのイヤホン収納部にはマグネットを内蔵し、マグネットによる吸着で無駄な落脱を防止。ケースからイヤホンを取り出したタイミングでBluetoothの接続試行がはじまるなど、ストレスなく使うための工夫も見られます。

さらにイヤホン本体のJBLロゴ部分にはボタンとしても機能。押す回数に応じて「音楽再生/一時停止」「音声アシスタント(SiriやGoogleアシスタント)の起動」「着信応答/終話」「曲送り/曲戻し」などの操作が可能です。右側のイヤホンにはマイクも内蔵しており、ハンズフリーでの音声通話にも利用できます。

そのほかハーマンインターナショナル公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、JBL FREE Xの主な仕様情報は次のとおり。

JBL FREE Xの主な仕様情報
項目 詳細
重さ
  • イヤホン:15g
  • 充電ケース:84g
防塵防水 IPX5
ユニット 5.8mm径ドライバー
周波数特性 10Hz ~ 22kHz
電池
  • イヤホン
    • 充電:約2時間
    • 音楽再生:最大約4時間
  • 充電ケース
    • イヤホン充電可能時間:最大約20時間
Bluetooth Version 4.2
対応プロファイル
  • A2DP v1.3
  • AVRCP v1.6
  • HFP v1.6
  • HSP v1.2
付属品
  • イヤチップ(3サイズ)
  • ソフトカバー(2サイズ)
  • 充電ケース
  • 充電用ケーブル

2018年11月24日(土)時点におけるJBL FREE Xの国内実勢価格は、税込みで16,000円前後。大手量販店では10%のポイント還元を設定しているケースも見られますが、販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は14,500円前後となり、Amazon.co.jpが設定する通常の割引価格とほぼ同額です。

施策の併用でさらに最大25%オフの割引を上乗せできる分、購入はAmazon.co.jpを利用するほうがおトクになっています。

たとえば割引施策をすべて適用するために2,600円の音楽CDをセット購入した場合、「JBL FREE X」本体+音楽CDの代金として支払う総額は13,448円(消費税・配送料込み)。

すべての割引施策が利用できる場合、量販店での購入よりも支払額が安いことに加えて“音楽CDが1枚タダになる”という状況であり、お得感がかなり強いセール内容です。

Source:Amazon.co.jp