OCNモバイルONE エントリーパッケージ

通販サイトAmazon.co.jpで定期的に特売される「SIMフリースマートフォン&SIMカード申込みキットのセット品」。

直近ではHuawei Technologies(華為技術/ファーウェイ。以下、Huawei)「P20」や「P20 lite」がこの対象となり、メーカー市場想定価格から12~15%オフの割安価格で購入可能です。

ただこうしたセット品を購入した経験がない場合、「SIMカードの申込みキット(エントリーパッケージ)とはどんなもの?」と心配になることもあるのでは?

ちょうどHuawei P20 liteを入手するにあたり、Amazon.co.jpにて、OCNモバイルONEのエントリーパッケージがセットになったバンドル品を購入してみました。

そこでこの記事では、Amazonで端末とのセット販売を多く見かけるMVNOのエントリーパッケージがどういったものなのかを実物を例に紹介します。


SPONSORED LINK

エントリーパッケージの中身

OCNモバイルONE

購入したのは「Huawei P20 lite」と「OCNモバイルONE エントリーパッケージ(音声対応)」がセットになったバンドル品。同梱されていたSIMカードのエントリーパッケージは以下の写真のもので、ビニール袋の中に三つ折りのリーフレット(1枚)のみが入っていました

▼OCNモバイルONEのエントリーパッケージ(音声対応)

OCNモバイルONE エントリーパッケージ

OCNモバイルONE エントリーパッケージ

OCNモバイルONE エントリーパッケージ

▼パッケージの中にはSIMカードは入っていない

OCNモバイルONE エントリーパッケージ

OCNモバイルONEのエントリーパッケージ(音声対応)の場合、パッケージの中にSIMカードは入っていません。エントリーパッケージを使ってSIMカードも新規申し込みする場合は、パッケージ内に記載の情報を使って別途手続きが必要です。

リーフレットを全展開。SIMカードを新規契約する場合にはリーフレットに記載された「アクティベートコード」と呼ばれる情報が必要になります。

▼写真右下(赤枠部)に印字されているのがアクティベートコード

OCNモバイルONE エントリーパッケージ

OCNモバイルONE エントリーパッケージ

▼SIMカード申込み時に「初期費用(契約事務手数料)支払い済みの証」として使う

OCNモバイルONEのアクティベートコード入力画面

▼反対の面には申込みに必要な準備物、申込みの流れが書かれている

OCNモバイルONE エントリーパッケージ

エントリーパッケージは“初期費用(契約事務手数料)を支払う代わりに購入するもの”。初期費用を支払った証としてエントリーパッケージ(に記載されたアクティベートコード)がもらえるという流れで、通常エントリーパッケージは3,000円前後で販売されているものです。

これを前提に考えると「エントリーパッケージを購入したがアクティベートコードは未使用」という状態は「初期費用だけ余計(無駄)に支払った」状態と言い換えられます。購入したアクティベートコードを使うか否かは購入者次第であるため、アクティベートをせずとも違約金などのペナルティはありません。仕組みがわかるとより安心できますね。

LINEモバイル

OCNモバイルONE同様、LINEモバイルのエントリーパッケージもパッケージ内にSIMカードは入っていません。中身はリーフレット1枚で、内側に申し込み用ウェブサイトのURL、そこで入力するエントリーコードが記載されています。

▼ビニールから取り出したエントリーパッケージ

LINE MOBILE エントリーパッケージ
LINE MOBILE エントリーパッケージ

▼中には申込みの手順とエントリーコードが書かれているのみ

LINE MOBILE エントリーパッケージ

Y!mobile

他社と異なり、Y!mobile(ワイモバイル)のエントリーパッケージ(SIMスターターキット)にはパッケージ内にSIMカードが同梱されています

ただしこちらも違約金などの設定はナシ。使わず(契約せず)とも、何かお金を請求されることはありません

また手続きを済ますとすぐこのSIMカードが使えるようになるため、もし新規に契約するのであれば、SIMカードの到着を待つ必要がありません。

▼ビニールから取り出したワイモバイル SIMスターターキット

ワイモバイル SIMスターターキット
ワイモバイル SIMスターターキット

▼中にはSIMカードが入っている

ワイモバイル SIMスターターキット
ワイモバイル SIMスターターキット

さいごに

Amazon.co.jpではSIMフリースマホの機種単体より、SIMカードのエントリーパッケージがセットになったバンドル品のほうが安く販売されているケースも珍しくありません。気になる機種があれば、機種単体での販売価格だけでなく、ぜひSIMカードのエントリーパッケージがセットになったバンドル品の販売価格もチェックしてみましょう。

▼そんなわけでHuawei P20 liteを割安にゲット!

Huawei P20 lite パッケージ

2018年6月17日(日)現在、Amazon.co.jpではHuaweiの最新機種「P20」および「P20 lite」とOCNモバイルONEのエントリーパッケージのセット品購入時に使える2,500円オフクーポンを全Amazonユーザーを対象に配布中。

各クーポンを活用すれば(メーカー市場想定価格比で)P20は8,914円オフ、P20 liteは5,196円オフという割安価格で購入可能となっています。

「P20またはP20 liteの購入を検討中」「新規の回線契約は不要」ということであれば、クーポン活用も含めたAmazon.co.jpでの購入はかなりオススメです。