Amazon.co.jp OPPO R15 商品ページ

通販サイトAmazon.co.jpのマーケットプレイスにて、OPPO Mobile Telecommunications(オッポ。以下、OPPO)「R15」並行輸入品の取扱いが始まっています。

SPONSORED LINK

Amazon.co.jpマーケットプレイスで新発売となっているのはOPPO R15(型番:PACM00)。MediaTek Helio P60プロセッサ(オクタコア)や6GBのシステムメモリ、128GBの内蔵ストレージを搭載する標準モデルです。注文できる本体カラーはホワイト(色名:雪盈白)のみ。

2018年4月18日(水)時点において確認できるマーケットプレイス出品者はMIRAIモールで、販売価格が59,990円(消費税込み)。購入時はここに別途配送料(515円)が加算されるため、購入費用にかかる総費用は60,505円です。

R15は2018年3月にOPPOが海外で発表したスマートフォン。日本で2018年2月に発売された「R11s」の後継モデルです。

デザイン設計は工業デザイナーのKarim Rashid(カリム・ラシッド)氏と共同でおこなわれ、前後面にガラス、側面フレームにアルミニウム合金を使用。

前面にはアスペクト比が19:9と縦方向に大きい6.28インチ・フルHD+解像度の有機ELディスプレイを搭載。「縦長画面」「狭額縁設計」「ノッチ(V字型の切り抜き)」などトレンド要素を取り入れ、大画面と扱いやすい本体サイズを両立しています。

OSはAndroid 8.1をベースとする「ColorOS 5.0」を採用。「戻る」「ホーム」「アプリ履歴(マルチタスク)」などのナビゲーション操作がジェスチャーでおこなえる設定も用意され、画面をより広く使うための工夫が見られます。

背面カメラはデュアル設計。それぞれ1,600万画素のイメージセンサーとf/1.7のレンズ、500万画素のイメージセンサーとf/2.2のレンズという構成です。AI技術対応により「16のカテゴリー」「120のシーン」に分類して被写体を認識。最適な撮影モード選択・設定変更が自動で施されます。

前面カメラはシングル設計。2,000万画素のイメージセンサーとf/2.0のレンズという構成です。特徴機能「A.I.ビューティーセンサー」では被写体の顔を296ポイントで認識し、最適な美顔エフェクトを施します。認識箇所(ポイント)は旧作「R11s」の256から16.5%増しとなり、精度を高めています。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として指紋認証および顔認証もサポート。顔認証機能では顔の認識自体を最速0.08秒でおこなう精度の高さも備えます。

そのほかOPPO公式サイトの中国向け製品ページにて確認できる、OPPO R15(型番:PACM00)の主な仕様情報は次のとおり。

OPPO R15(PACM00)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 155.1 mm
横幅 75.2 mm
厚さ 7.4 mm
重さ 175 g
システム
OS ColorOS 5.0 based on Android 8.1
SoC MediaTek Helio P60 Octa-Core
RAM 6 GB
ROM 128 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
バッテリー 3,450 mAh
ディスプレイ
サイズ 6.28 インチ
解像度 FHD+(2280 x 1080)
種類 OLED
カメラ
背面 デュアルカメラ

  • 1,600 万画素
  • 500 万画素
前面 2,000 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 8
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41(100M)
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 8
CDMA BC0
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

参考までにOPPO R15(型番:PACM00)に対して中国本土向けに設定されたメーカー希望小売価格はCNY2,999(約51,200円)。MIRAIモールから購入する場合にかかる費用は、海外現地向けメーカー希望小売価格よりおおよそ9,000円高くなっています。

Source:Amazon.co.jp