Amazon.co.jp ASUS ZenFone Max Plus M1 商品ページ

通販サイトAmazon.co.jpにて、ASUSTeK Computer(エイスース。以下、ASUS)「ZenFone Max Plus(M1)」購入の予約受付が始まりました。

SPONSORED LINK

Amazon.co.jpにて新たに予約受付中となっているのはASUS ZenFone Max Plus(M1)(型番:ZB570TL)。日本向けモデルとして本日発表された国内正規品で、本体カラーは3色(サンライトゴールドアズールシルバーディープシーブラック)の取扱いです。

2018年2月15日(木)時点における価格設定は、予定販売価格が31,881円(消費税・配送料込み)。国内向けに設定されたメーカー希望小売価格は税込32,184円であり、ここから1%相当(303円)を割引した金額設定です。発売予定日は2018年2月17日(土)に設定されています。

ZenFone Max Plus(M1)は2017年11月にASUSが海外で発表していたスマートフォン。

日本版では前面にはアスペクト比が18:9と縦に大きい5.7インチ・フルHD+解像度のディスプレイを搭載。「縦長画面」「狭額縁」などトレンドを取り入れたデザイン設計です。

搭載するバッテリー容量は4,130mAh。公表値として「3G接続で最大28日間の連続待受に対応」「15分の充電で3時間の連続通話が可能」「節電機能オンの状態であればバッテリー残量10%の状態で最大67時間の待受が可能」とうたいます。

背面にはカメラを2機搭載。メインカメラは1,600万画素のイメージセンサーとf/2.0のレンズで構成。セカンダリーカメラは画角120度のレンズを備える超広角設計です。また日本版では前面に800万画素のイメージセンサーとf/2.0のレンズで構成されるカメラを1機搭載します。

低価格~中価格帯の製品ですが、背面には指紋認証センサーを搭載。端末のロック解除に使える手段として顔認証機能もサポートします。また2つのSIMカードスロットを使った4G+3Gの同時待ち受け(デュアルシム・デュアルスタンバイ。DSDS)も利用できる設計です。

そのほかASUS公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、ASUS ZenFone Max Plus(M1)(型番:ZB570TL/日本版)の主な仕様情報は次のとおり。

ASUS ZenFone Max Plus(M1)(ZB570TL/日本版)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 152.6 mm
横幅 73.0 mm
厚さ 8.8 mm
重さ 160 g
システム
OS Android 7.0 with ASUS ZenUI 4.0
SoC MediaTek
MT6750T
1.5GHz Octa-Core
RAM 4 GB
ROM 32 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
バッテリー 4,130 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.7 インチ
解像度 FHD+(2160 x 1080)
種類 IPS LCD
カメラ
背面
  • メイン:1,600 万画素
  • サブ:800 万画素
前面 800 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
Band 18
Band 19
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 41
WCDMA Band 1
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.0
その他
防塵防水

ZenFone Max Plus(M1)は同一型番(型番:ZB570TL)の製品が台湾や香港でも発売中。海外通販サイトのEXPANSYS(エクスパンシス)などで販売されています。

ただし日本版と海外版をくらべると、仕様面においていくつか違いも。

★ASUS ZenFone Max Plus(M1)(型番:ZB570TL)日本版と台湾/香港版の違い

  • RAM容量:日本版は4GB、台湾/香港版は3GB
  • 画面解像度:日本版はフルHD+(2160×1080)、台湾/香港版はHD+(1440×720)
  • カメラ画素数:日本版は前面カメラが800万画素、台湾/香港版は前面カメラが1,600万画素

前面カメラの画素数は台湾/香港版のほうが優れるものの、システムメモリ容量や画面解像度の仕様に優れるのは日本版。いずれも同じ型番であり、海外からの輸入品と比較して購入する場合などには注意が必要です。

Source:Amazon.co.jp