Amazon.co.jp STAEDTLER Noris Digital 商品ページ

Samsung Electronics(サムスン電子。以下、Samsung)とドイツの筆記具・製図用品メーカーSTAEDTLER(ステッドラー)の共同企画で開発されたSペン「STAEDTLER Noris Digital」。

2017年12月13日(水)に日本国内での発売が正式に発表されていましたが、本日よりAmazon.co.jp内「Galaxxy Brand Store」で購入の予約受付がスタート。予定価格も公開されました。

SPONSORED LINK

Amazon.co.jp内のGalaxxy Brand Storeで新たに予約受付中となっているのはSTAEDTLER Noris Digital(型番:GP-U999)。本体カラーは2色(YellowGreen)です。

2017年12月14日(木)時点における価格設定は、予定販売価格が4,838円(消費税・配送料込み)。なお発売予定日は2017年12月20日(水)です。

STAEDTLER Noris Digitalは2017年2月に海外で発表されていたデジタイザーペン。

Wacom(ワコム)「feel」テクノロジーに対応しており、日本国内でNTTドコモやau(KDDI)から発売中のスマートフォン「Galaxy Note8」、また国内で過去に発売されてきた他のGalaxy Noteシリーズなどでの手書き入力に使用できます。

外観デザインはSTAEDTLERの定番品である鉛筆「STAEDTLER Noris(ステッドラー・ノリス)」シリーズを模しており、実際の鉛筆と変わらない太さや長さにて、持ちやすさやかきやすさを実現しています。

▼STAEDTLER Noris Digitalの実物

STAEDTLER Noris Digital Stylus

STAEDTLER Noris Digitalは私自身、海外から個人輸入したものを現在Galaxy Note8にて使用中。Sペンが備える操作ボタンは非搭載なので消しゴム機能やエアコマンド展開には手間がかかりますが、持ちやすさ・かきやすさなど“筆記具としての使いやすさ”は間違いなくSペン以上。

Galaxy Note8で長時間のかきものをおこなうことがある方には「1本持っておいて間違いない」とオススメできる製品です。デザインや使い勝手に関しては以下レビュー記事も参考にどうぞ。

参考までに米国向けに設定されている本体価格は税別でUSD44.99(約5,000円)。価格も妥当な金額であり、個人輸入に手間を感じて購入を控えていた方にもうれしい販売内容です。

Source:Amazon.co.jp