Amazon.co.jp ASUS ZenFone 4 Selfit Pro 商品ページ

通販サイトAmzon.co.jpにて、ASUSTek Computer(エイスース。以下、ASUS)「ZenFone 4 Selfie Pro」購入の予約受付が始まりました。

SPONSORED LINK

Amazon.co.jpで新たに予約受付中となっているのはASUS ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)。4G+3Gの同時待受にも対応するDual SIMモデルで、本体カラーは3色(ネイビーブラックサンライトゴールドクラシックレッド)展開です。

2017年9月15日(金)時点における価格設定は、予定販売価格が46,224円(消費税・配送料込み)。発売予定日は9月23日(土)です。

ZenFone 4 Selfie Proは2017年8月に発表された、ASUS最新のミドルレンジスマートフォン。製品名に冠された「Selfie Pro」からも想像がつくとおり、自撮り(セルフィー)やグループ撮り(ウィーフィー/グルーフィー)機能を特徴とするモデルで、日本向けには本日9月15日(金)に発表されました。

現行のスマホとしては珍しく、前面に搭載されるフロントカメラがデュアルレンズ設計に。1,200万画素(画角83度)の標準レンズと500万画素(画角120度)の広角レンズで構成され、撮影シーンに応じて使うレンズを自由に選べます。

このフロントカメラは4K動画の撮影もサポート。またカメラ脇に配置されたLEDフラッシュライトは常時点灯させて顔に当てる照明として使うこともできるなど、従来以上に自撮りが楽しめる設計です。

基礎仕様面では5.5インチ・フルHD解像度の有機ELディスプレイ、Snapdragon 625プラットフォーム、4GBのシステムメモリ、64GBの内蔵ストレージ、3,000mAhのバッテリーなどを備えます。

そのほかZenFoneシリーズのASUS公式通販サイト「ASUS ZenFone Shop」商品ページにて確認できる、ASUS ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL/日本版)の主な仕様情報は次のとおり。

ASUS ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL/日本版)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 154.0 mm
横幅 74.8 mm
厚さ 6.85 mm
重さ 147 g
システム
OS Android 7.1.1 with ASUS ZenUI 4.0
SoC Qualcomm
Snapdragon 625
2.0GHz Octa-Core
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大2TBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.5 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
種類 AMOLED
カメラ
メイン 1,600 万画素
サブ 1,200万画素(標準レンズ/画角83度)
500万画素(広角レンズ/画角120度)
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
Band 18
Band 19
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)の購入予約受付はASUS公式の通販サイト「ASUS ZenFone Shop」でも、3色の本体カラー(ネイビーブラックサンライトゴールドクラシックレッド)を対象として既に始まっています。

2017年9月15日(金)時点におけるASUS ZenFone Shopでの価格設定は、販売価格がAmazon.co.jpと同額の46,224円(消費税・配送料込み)。

ただしZenFone Shopでは(ZenFone 4シリーズ購入者合計で)先着300名を対象とし特典をプレゼントする独自企画「WE LOVE PHOTO キャンペーン」を開催中。先着300名に収まったZenFone 4 Selfie Pro購入者に対しては「オリジナルデザインのUSBフラッシュメモリ」(※ASUS純正品)をプレゼントしています。

購入にかかる費用には(現時点で)差がないことから、各所で予約受付が始まったばかりである今のタイミングでは、特典がもらえる可能性が大いに残されているASUS ZenFone Shopを利用するほうが、内容としてはおトクになることでしょう。

Source:Amazon.co.jp