Amazon.co.jp Huawei P10 Plus 商品ページ

大手通販サイトAmazon.co.jpにて、Huawei Technologies(以下、Huawei)が本日2017年6月6日(火)に日本国内向けに発表したハイエンドスマートフォン「P10 Plus」の購入予約受付が始まりました。

SPONSORED LINK

新たにAmazon.co.jpで予約受付中となっているのはHuawei P10 Plus(型番:VKY-L29A)。4G+3Gの同時待ち受け(デュアルシム・デュアルスタンバイ。DSDS)もサポートする、Dual SIMスロット搭載のSIMフリーモデルです。

2017年6月6日(火)時点における予定本体価格は78,624円(税込)。本体カラーは2色(GreeneryDazzling Gold)が用意されており、発売予定日はいずれも2017年6月9日(金)です。

P10 Plusはグローバル向けには2017年2月に発表されていた、Huawei「P」シリーズにおける現最上位仕様をほこるハイエンドモデル。

同時に発表されている「P10」より一回り大きなボディに5.5インチ・2K解像度のディスプレイを搭載。直近のPシリーズ上位機種に共通する特徴であるLeicaデュアルレンズカメラで撮影した写真を、より大きく高精細な画面で楽しめます。

なお香港などで発売中の海外向け製品では6GBの内部メモリ、128GBの内蔵ストレージを備えるモデルが用意されているものの、今回日本向けに投入されるモデルでは内部メモリは4GB、内蔵ストレージは64GBとなっている点には注意が必要。

そのほか、Huawei公式サイトの日本向け製品ページより確認できる、Huawei P10 Plus(型番:VKY-L29A)の主な仕様情報は次のとおり。

P10 Plus(VKY-L29A)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 153.5 mm
横幅 74.2 mm
厚さ 6.98 mm
重さ 165 g
システム
OS Android 7.0 / EMUI 5.1
SoC HUAWEI
Kirin 960
Octa-Core
2.4GHz x 4
1.8GHz x 4
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 3,750 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.5 インチ
解像度 WQHD(2560 x 1440)
種類 IPS LCD
カメラ
メイン 1,200 万画素(RGBカラーセンサー)
2,000 万画素(モノクロセンサー)
サブ 800 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 9
Band 12
Band 17
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
Band 28
Band 29
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

おおむねの仕様は香港などで発売中のDual SIMモデル(型番:VKY-L29)と同じであるものの、前述のRAM/ROM容量以外にも、対応する通信方式や周波数に若干異なる点が見受けられます。

具体的に日本モデルではFDD-LTEのBand 25を追加サポートする一方で、FDD-LTEのBand 18はサポート外に。また3GではCDMAやTD-SCDMAにも非対応となっています。

香港版のDual SIMモデルについては、EXPANSYS(エクスパンシス)をはじめとした海外通販サイトでも現在発売中。

EXPANSYSが現在取り扱うのは内部メモリ6GB、内蔵ストレージ128GBの容量を備える、日本モデルより上位の仕様を有するもの。

しかし2017年6月6日(火)時点における価格設定は、本体価格が73,805円、購入費用の概算見積額も約78,800円と、日本でのメーカー希望小売価格とほぼ同額になっています。

おそらく人気色になるであろうPANTONEとのコラボカラー・Greeneryの取扱いはEXPANSYSでは無いため、日本向け製品と同じ本体カラーが選べるわけではありません。

ただ一方で希望する本体カラーが他のものである場合などは、同じ費用でよりスペックの高い製品を入手できるEXPANSYSでの購入も有効な選択肢となることでしょう。

Source:Amazon.co.jp