Amazon.co.jp Huawei P9 ブルー 商品ページ

数日前にAmazon.co.jpマーケットプレイスにて市場想定価格の10%オフ品が登場していた、Huawei Technologies(以下、Huawei)P9の限定カラー(ブルー/レッド)。

この2色について、ついにAmazon直販品でも10%相当の値下げが確認。前日比5,309円オフの金額で購入が可能になっています。

SPONSORED LINK

2016年12月18日(日)時点で新たに値下げを確認したのは Huawei P9 の各1,000台限定モデルとなっている2色(レッドブルー)の本体カラー。

同日時点における価格は49,555円(税込)となっており、前日時点から5,309円(約10%)値下げされています。

▼ レッドの商品ページ。価格は54,864円→49,555円に

Amazon.co.jp Huawei P9 レッド 商品ページ

▼ ブルーの商品ページ。同様に約10%オフとなっている

Amazon.co.jp Huawei P9 ブルー 商品ページ

Huawei P9のレッド/ブルーモデルは2016年11月に日本では各1,000台の数量限定品として発売されているもの。

発表当初の市場想定価格は54,864円(税込)。いくつかの家電量販店においては購入代金の10%をポイント還元とすることで、ここから“実質的”な割引を実現していたものの、今回のAmazonでの値下げは購入時の支払い額がそもそも値下げという購入者により嬉しい内容となっています。

P9自体は2016年6月に日本国内で発売されたHuaweiプレミアムシリーズ(Pシリーズ)におけるフラグシップモデル。

金属製のボディに5.2インチ(解像度は1920×1080のフルHD)の液晶ディスプレイを搭載しますが、左右を狭額縁設計とすることで画面サイズの数値以上にスリムなデザインに仕上がっています。

また機種の最大の特徴となるのがカメラ老舗メーカーLeica(ライカ)との協業で開発されたデュアルレンズカメラを搭載すること。

それぞれのレンズにはRGBカラーセンサー、モノクロセンサーと、異なる情報を記録するイメージセンサー(撮像素子)を用意。RGBカラーセンサーで記録した被写体の色彩情報、モノクロセンサーで記録した被写体の濃淡や輪郭情報を合成することで、従来のスマホ搭載カメラと比べて、色味とディテールをより両立したきれいな写真が“容易に”撮影できます。

なおその他、Huawei公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおり。

P9(日本版)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 145 mm
横幅 70.9 mm
厚さ 6.95 mm
重さ 144 g
システム
OS Android 6.0 / Emotion UI 4.1
SoC HUAWEI
Kirin 955
Octa-Core
2.5GHz x 4
1.8GHz x 4
RAM 3 GB
ROM 32 GB
SDカード 対応(最大128GBまで)
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.2 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
種類 IPS LCD
カメラ
メイン 1,200 万画素(RGBカラー)
1,200 万画素(モノクロ)
サブ 800 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水

2016年12月18日(日)時点においてはまだ探せば在庫の確保は可能といえるレッドおよびブルーのP9。Amazonでも商品ページ上には「入荷予定あり」と記載されており、まだ当分は限定数量に到達することはなさそうな印象。

ただし一方で、大手量販店の中には「お取り寄せ(次回入荷未定)」としているところも出てきています。

▼ ビックカメラの商品ページ。ブルーはお取り寄せ対象。レッドは商品ページ自体が無くなっている

ビックカメラ Huawei P9 ブルー 商品ページ

あくまで1,000台限定という点は変わらない(はず)だけに、気になる場合は早めの確保を意識しておくほうがよいかもしれませんね。

Source:Amazon.co.jp