Samsung Gear S3 classic frontier

2016年12月22日(木)より、家電量販店などでの発売が予定されているSamsung Electronics(以下、Samsung)Galaxyブランドのスマートウォッチ「Gear S3 classic」および「Gear S3 frontier」。

この2製品(国内正規品)について、国内Amazon.co.jpでの購入予約受付が始まっています。

SPONSORED LINK

2016年12月16日(金)時点で新たに購入予約の受付が始まっているのは Gear S3 classic(Silver)および Gear S3 fronteir(Space Gray)。

いずれのモデルも価格は44,820円(税込・配送料無料)に設定されており、発売予定日は12月22日(木)となっています。

▼ Gear S3 classic(SM-R770)の商品ページ

Amazon.co.jp Samsung Gear S3 classic 商品ページ

▼ Gear S3 frontier(SM-R760)の商品ページ

Amazon.co.jp Samsung Gear S3 frontier 商品ページ

Gear S3シリーズは2016年9月に海外で発表されていたTizen OS搭載の最新スマートウォッチ。機能は同じながらデザインの異なる2モデル(classic/frontier)がラインナップされています。

旧作同様ディスプレイとケース(本体)は円形のデザインを採用。ここに1.3インチでAOD(Always On Display)機能に対応した有機ELディスプレイを搭載。

またディスプレイ周囲には旧作で特徴的かつ好評となっていた回転式の操作ベゼルを配置。画面のタッチ操作、ベゼルの回転、本隊右側面に配された2つの物理キーを使って操作する形です。

またバッテリーのもちの良さも健在で、今作では1度のフル充電で連続3~4日の使用が可能と好評されています。

旧作のよさを残しつつ、よりデザインが洗練され、時計としてさらに自然に身につけられる製品に仕上がっているという印象を受けます。

その他参考までに、Samsung公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおり。

Gear S3 classic(SM-R770)/frontier(SM-R760)の主な仕様情報
本体サイズと重さ
高さ 49.0 mm
横幅 46.0 mm
厚さ 12.9 mm
重さ 59 g(classic)
63 g(frontier)
バンド幅 22 mm
※市販バンドとの互換性あり
システム
OS Tizen Based Wearable OS 2.3.2
SoC Samsung
Exynos 7270
Dual-Core
1.0GHz x 2
RAM 768 MB
ROM 4 GB
SDカード 非対応
バッテリー 380 mAh
センサー類 加速度センサー
ジャイロ
気圧計
心拍計
照度センサー
ディスプレイ
サイズ 1.3 インチ
解像度 360 x 360
種類 Super AMOLED
SIMカード
種類 非対応
スロット数
通信方式
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.2
NFC
MST
GPS
その他
防塵防水 IP65/IP68
MIL-STD-810G

Gear S3シリーズ(国内正規品)については、発売情報の正式発表直後より、大手量販店のビックカメラでも購入の予約受付をスタート。

また現在では、同じく大手量販店のヨドバシカメラでもGear S3 classicGear S3 frontierの2モデルが予約可能となっています。

▼ ヨドバシカメラのGear S3 classic商品ページ

ヨドバシカメラ Samsung Gear S3 classic 商品ページ

▼ ヨドバシカメラのGear S3 frontier商品ページ

ヨドバシカメラ Samsung Gear S3 frontier 商品ページ

2016年12月16日(金)8時時点においてはこれら3ストアいずれも価格設定は同じ44,820円(税込)。

ただしビックカメラとヨドバシカメラにおいては税込価格の10%(4,482円)のポイント還元が設定されており、購入代金からポイント還元分を差し引いた実質価格は40,338円(税込)ほどとなります。

普段からビックカメラやヨドバシカメラでも買い物をする機会がある、といった方はとくに、これらオンラインストアを利用して予約・購入するほうがよりおトクといえます。

一方でAmazonも他所にあわせて価格を見直すケースは多くあるので、Amazonでの購入を優先したい場合は、動向も見守ってみるのもアリかと思います。

Source:Amazon.co.jp