Pokémon GO Plus

普段スマホでゲームはほとんどしない私。しかしポケモンに関しては、ちょうど初代(ポケットモンスター緑)を発売日に購入してリアルタイムで熱中していた世代でして、現在はほぼ毎日、ポケモンGOを遊んでいます。

もともと近距離の移動には率先して徒歩を選択するなど、歩くことは大好き。そういえばここのところ運動も不足気味という状況も重なり、運動を”さらに楽しむオプション的な存在”として、いやはや嬉しい限り。

そして、そのポケモンGOをより楽しむための周辺機器として、追って発売されたモノといえば Pokémon GO Plus(ポケモンGO プラス) ですね。

現在も品薄が続く状態で、私自身もタイミングが合わず、なかなか購入ができていなかったのですが……。

ようやく、ようやく先日入手することができました。

このポケモンGO Plusを実際に使い始めてから約1週間が経過したので、この記事ではポケモンGO Plusの外観デザインから、使ってみて感じたファースト一プレッションまでをまとめて紹介していきます。

今率直に感じているをまとめてしまえば、ポケモンGOに少し飽きてしまった人にこそ、ぜひ新たに使い始めてみて欲しいアイテムです。

SPONSORED LINK


パッケージ内容物をチェック

ポケモンGO Plusの定価は税込3,780円。

パッケージに同梱されているものはポケモンGO Plus本体のほか、専用リストバンド、コイン型電池(CR2032/取り付け済み)、取扱説明書の4点。

Pokémon GO Plus

箱の中にはエアパッキンにくるまれた状態でポケモンGO Plusとリストバンド、そして素の状態で取扱説明書が入っています。

Pokémon GO Plus

内容物一式がこちら。

Pokémon GO Plus

外観デザインをチェック

ポケモンGO Plusはポケットモンスターにでてくるモンスター捕獲用アイテム「モンスターボール」をデザインに取り入れたつくりとなっています。表面は光沢感があり、ツルツル。

Pokémon GO Plus

10円硬貨と比べてみると3~4まわりほど大きい印象。500円硬貨と比べても、おそらくポケモンGO Plusのほうが1~2まわりほど大きいのでは?といったサイスです。

Pokémon GO Plus

手首に装着するとなると、やや厚みのある腕時計くらいの存在感を感じることでしょう。

モンスターボールの中央部分はTPU系の柔らかい素材でできたボタンになっています。また表面(モンスターボールのデザイン箇所)以外はブラックのプラスチックで統一されたシンプルなデザインです。

Pokémon GO Plus

本体の裏蓋は、ネジで固定。黒いパーツ箇所はマット調で、ややザラザラとした仕上げになっています。

Pokémon GO Plus

初期状態でついている裏蓋には非可動タイプのクリップが設けられており、衣類のポケットなどに装着することが可能。クリップはなかなか丈夫そうなつくりで、このあたりはさすが任天堂といったところ。

Pokémon GO Plus

付属のリストバンドを使う場合は、裏蓋を外して、リストバンドを直接固定することになります。

Pokémon GO Plus

手首に装着せずとも歩数(移動距離)はカウントされるものの、ポケモンGO Plusを使う際には中央のボタンを押しての操作が必要になります。はじめは(よく機能を確認せず)「リストバンドを使ってバッグから吊り下げようかな?」なんてことも考えていましたが、これだと使い勝手が悪くなってしまうため、断念。

中央のボタン下にはランプも内蔵されており、電池残量がある状態でボタンを押すとランプが点灯します。下の写真は白色に点灯していますが、実際には7色ほど、点灯色が用意されていますよ。

Pokémon GO Plus

Pokémon GO Plus

使い始めるための設定方法

ここからは備忘録を兼ねて、ポケモンGO Plusを使い始めるにあたって必要となる設定方法を整理しておきます。

ポケモンGO Plusをスマホに登録する

ポケモンGO Plusを使い始めるあたり、まず必要となるのはスマートフォンへの登録(連携接続)。今回はAndoridの画面で確認していきますが、iPhoneでも操作手順は変わりません。

まず先に準備しておくことは2つ。ポケモンGO Plusの絶縁シートを抜くこと。そして接続するスマホのBluetooth機能をオンにすること。

次にスマホ側でポケモンGOを起動。メニュー画面から【設定】を開きます。

Pokémon GO Plus

続いて設定画面の中段やや下にある【Pokémon GO Plus】の項目を選択。

Pokémon GO Plus

Pokémon GO Plusの設定画面に遷移したら、ボケモンGO Plusのボタンを押します。すると、画面下部【使用可能なデバイス】の欄に……。

Pokémon GO Plus

『Pokémon GO Plus』と表示されるはず。現れた名前をタップすれば、登録が始まります。

Pokémon GO Plus

この直後、ポケモンGO Plusの基本的な使い方についてチュートリアルが表示されます。

Pokémon GO Plus

Pokémon GO Plus

Pokémon GO Plus

なおこのチュートリアルは、メニュー画面から【設定】→【Pokémon GO Plus】→【遊び方】を選べば、後からでも改めて見ることができますよ。

登録(及び接続)が完了すると、画面左上にポケモンGO Plusのアイコンが表示されるように。また【使用可能なデバイス】欄のアイコン色も変わります。

Pokémon GO Plus

ポケモンGO Plusをスマホに再接続する

ポケモンGOのアプリを再起動した場合やスマホのBluetooth機能オン・オフ切り替えた場合。あるいは一定時間ポケモンGO Plusの操作をしなかった場合。

こういったタイミングではポケモンGO Plusが一旦スマホから切断されます。再び使用する際は、ポケモンGO Plusをスマホに再接続する操作が必要です。

手元にポケモンGO Plusを用意したら、まずはスマホのアプリから、メイン画面右上にあるポケモンGO Plusのアイコンをタップします。

Pokémon GO Plus

するとすぐに「Pokémon GO Plusをさがしています…」というメッセージが表示されるので、ここでポケモンGO Plusのボタンを押します。

Pokémon GO Plus

うまく再接続できると、メイン画面上のポケモンGO Plusアイコンの色が変わります。これで再接続することができました。

Pokémon GO Plus

数回トライしても再接続がうまくいかない(スマホがポケモンGo Plusを認識してくれない)場合は、一度アプリを終了し、改めて起動してから再接続をチャレンジしてみましょう。

この1週間使ってみたところでは、この操作で再接続できないことはありませんでしたよ。

ポケモンGO Plusを1週間使ってみて

ここからは、ポケモンGO Plusを実際に1週間使用してみて感じたポイントを4つ見ていきましょう。

リストバンドやストラップは装着推奨

まず使いはじめてすぐに感じたのが使用時はなるべくリストバンドやストラップの装着を推奨したいということ。

ポケモンが出現した時、あるいは近くにポケストップがある時には、ポケモンGO Plusのボタンを押すというアクションが必要です。つまりこれは、使用時は手が簡単に届く場所に身につける、あるいは携帯しておく必要があるということでもあります。

私自身、最近では手首に装着するモノもなるべく少なくしたいということを意識しています。そのため、ポケモンGO Plusについてもリストバンドを用いた手首への固定は考えておらず、ストラップも何も付けずにポケットに放り込むという携帯方法をとっていました。

ただポケモンGO Plus本体は13gと非常に軽量。とっさに飛んでいく、落としてしまっても気が付かない。こういったリスクが思い浮かびました。

そんなわけで、現在はラスタバナナのフィンガーストラップを装着して持ち歩いています(表面にはskinfactのスキンシールも貼り付け)。

Pokémon GO Plus

使用するタイミングは移動中となるので、ストラップに指を通し、手のひらに握った状態がデフォルト。ポケモンGO Plus本体が振動したら、点灯色を確認せずにボタンを押す(笑)こんな使い方です。

Pokémon GO Plus

振動した理由がポケモンが出現したからなのか、ポケストップを訪れたからなのか、は後から通知される振動パターンで確認可能。実質ポケモン捕獲も楽しめ、紛失の心配も減らせる。

手首に装着するよりボタンも押しやすいので、個人的にはストラップを装着しての手持ちがオススメですね。

簡単な操作でポケモンがどんどん捕れる

続いては、実際にポケモンGO Plusw使いはじめて最大の魅力と感じているポイント。これはズバリ簡単にポケモンが捕れるということ。そのままですが、これで異論はないでしょう。

ちなみにポケモンGO Plusでポケモンを捕獲している時、スマホのメイン画面に表示された別のポケモンをタップすると、2匹同時の捕獲チャレンジも可能です(笑)

ひとつ注意点として、ポケモンGO Plusでポケモン捕獲に使われるアイテムはモンスターボール(最も性能の低いボール)のみ。また捕獲(ボールが投げられる回数)は1匹につき1回までしかありません。

とはいえ、最近新たに出現するようになったというメタモンについても、ポケモンGO Plusで既に3匹ほど捕獲できました。

Pokémon GO メタモン

どうしても逃さずゲットしたいポケモンであれば、スマホの画面から時間をかけて捕獲に挑みたいもの。ですが、それ以外は(モンスターボールがなくならない限り)ポケモンGO Plusでボールを投げまくる運用でもよいのではないかと思います。

むしろスマホの画面を気にせず運動を楽しめ、ボタンを押しているだけで運動後にポケモンがたくさん捕まえられている(←プレイ時間によります)。これ、すごく楽しいです。

あとは今後プレイヤーレベルとともに出現するポケモンのCP値が上がっていった際、ポケモンGO Plus(モンスターボール)がどの程度通用し続けるのか。この点だけは改めてチェックしてみたい部分ですね。。

スマホのバッテリー消費量が大きく減る

ポケモンGO Plusを使う場合、スマホの画面を消灯してもポケモンが捕まえられる、ポケストップがチェックできるということも大きな魅力です。そしてこれによる一番の恩恵はスマホのバッテリー保ちが良くなること。

ポケモンGO Plus未使用時は、徒歩移動の際に2時間ほどプレイしてみるとスマホのバッテリーが約半分に。その後1日は保たず、モバイルバッテリーでの充電が必要でした。

これがポケモンGO Plusを使うようになり、同じ距離をプレイしながら移動しても、追加充電なしに1日スマホのバッテリーが保つケースがでてきました(毎回保つわけでもないのですが……)。

ある日の例を挙げてみると、バッテリー容量3,000mAhのスマホにポケモンGO Plusと接続し2時間ほぼノンストップでプレイ。プレイ前のバッテリー残量が100%であったのに対し、プレイ後の残量は87%。2時間のプレイで13%しかバッテリーを消費しなかったと考えると、改めて省電力効果がわかると思います。なおこの間にポケモンは60匹も捕まえることができましたよ。

またプレイするタイミングを「時間」でなく「移動距離」で決める場合は、プラスアルファの省バッテリー性も期待できます。なにせサクサク歩けるようになることで、移動時間(=プレイ時間)も短くなりますので。

ポケストップを網羅できるわけではない

最後にネガティブな面でひとつだけ気になったのはポケストップのチェックは必ずしも漏れなく行われるわけではないということ。

スマホの画面を開きつつ、ポケモンGO Plusを使ってみると、ポケモン捕獲とくらべてポケストップの自動チェックはやや甘いように感じています。

前述の通り、振動したらボタンを押す!という使い方をしていると、モンスターボールはどんどん数が減っていきます。この補充としてポケストップももれなくチェックしたいところですが、こちらはスマホでチェックするのがより確実といったところ。

今後アプリ側のアップデートで調整などが行える部分なのかはわかりませんが、少なくとも現状ではポケモン捕獲をより意識した動作になっていると理解しておくのがよいでしょう。

最後に

冒頭で『ほぼ毎日、ポケモンGOをプレイ中』と書きましたが、実は先週くらいまでやや飽き始めていたんですよね。

そんな中で入手できたポケモンGO Plus。これを使いながら改めてポケモンGOを遊んでみることで、正直別なゲームに変わってしまったとすら感じるくらい、楽しさが増しました。

これまで少しずつプレイする中で、移動との兼ね合いで面倒に感じていた『スマホの画面を見てのポケモン捕獲操作』。これが大幅にシンプルになったことが最大の理由だと思います。

この記事を書きながら確認していたところ、ちょうどタイミングよく、2016年11月29日(火)時点でAmazon.co.jpにて12月12日(月)入荷分のAmazon直売品が定価で予約可能になっていました。

Amazon.co.jp Pokémon GO Plusの商品ページ

またポケモンセンターオンラインでも、12月5日(月)入荷分が現在予約可能となっています。

ポケモンセンターオンライン Pokémon GO Plusの商品ページ

はじめは楽しくやっていたけど、最近少し面倒に感じてプレイ時間が減っている。同じことの繰り返しでマンネリを感じ始めている。そんなタイミングでぜひ、使い始めてみてほしいアイテムです。

きっと、また新たなポケモンGOの魅力を感じることができるのではないか。そう思います。

★ Pokémon GO Plusの購入ページはこちら