Android Oneについて解説

「スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に」をテーマとして、SIM・スマートフォンの総合情報サイト「モバレコ」。そちらで担当した記事が新たに公開されたので紹介しておきます。

SPONSORED LINK

新たに公開されたのは、ワイモバイルの新機種507SHにて日本初上陸となったGoogleのブランド「Android One(アンドロイド・ワン)」の特徴をまとめた記事。初上陸だけに聞き慣れない単語であり、気になっている方も多いはず。

Googleのスマホ・タブレット向けブランドとしてよく知られているものといえば「Nexus(ネクサス)」ですが、Android OneもこのNexusシリーズの特徴といえるアップデートの早さ、保証期間の長さ、そしてシンプルなソフトウェアとプリインアプリといった点はAndroid Oneにおいても共通。

ただNexusシリーズとは異なり、メーカー独自の機能などを搭載できる余地が残されている、ということが違いであり、ポイントでしょう。

ワイモバイルの507SHに関してであれば、ワンセグや防塵防水、microSDカードスロットといった点は従来のNexusシリーズにない機能となっています。国内向けに需要の高いおサイフケータイはソフトウェアアップデートとの兼ね合いで今回は搭載を見送ったという話もありますが、それだけ搭載する機能は吟味されているということですね。

決してハイエンド仕様でないことから、万人受けする機種ではないといえます。ただそこまでハードに使うこと無く、でも安心して、長く、シンプルに使い続けたいといった方にはとても魅力の感じられるブランドだと思います。

507SHについては既に発売もされており、店舗などでも展示機が設置されているはず(うちの近所にもありました)。今回の記事で紹介している内容を踏まえつつ、実機に触れてみると、改めて507SHの魅力も理解できるのではないでしょうか。

モバレコでは507SHのレビュー記事も書いていますので、こちらもぜひ、併せてチェックしてみてください。