ビックカメラでGear 360が発売

昨日国内向けに正式にリリースされ、本日7月15日より発売となっていたSamsung製の360度カメラ Gear 360。本日改めて確認してみたところ、早速大手量販店のオンラインストアでも購入が可能になっています。

SPONSORED LINK

当記事作成時点で確認したところでは、ビックカメラヨドバシカメラといった大手量販店のオンラインストアでは現在既に在庫も入荷し、注文が可能に。店頭在庫もある模様で、展示機も見かけることができるかもしれませんね。

2016年7月15日(金)時点における取り扱い価格は税込49,550円。大手量販店のほとんどでは購入代金の10%(4,955円)をポイントで還元しているケースが多く、これを差し引いた実質的な購入費用は44,595円です。

Gear 360は今年2月末にスペイン・バルセロナで開催されたイベント MWC 2016(Mobile World Congress 2016)にて発表されたSamsung製の全天球カメラ。

有効画素数1,500万画素のカメラを背中合わせに2機搭載し、それぞれで撮影した写真を1枚に合成することで視野角度360度の写真が撮影可能。

また片方のレンズのみをオンにして、180度の画角での撮影もサポート。

さらに現在発売されている他社製の全天球カメラとは異なり、本体はIP53相当の防滴防塵仕様も有しています。これにより撮影環境をより気にせず、より多くの場所で使用できる製品といえます。

ただし同日時点において連携できる機種はSamsung製の一部機種(Galaxy S7シリーズ/Galaxy S6シリーズ/Galaxy Note 5)に限られている点だけは注意が必要です。

その他、Samsung公式サイトに日本向け製品ページで確認できる主な仕様情報は次のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ:56.3 mm
横幅:60.1 mm
厚さ:66.7 mm
重量 約 152 g
カメラ 1,500万画素 x 2(f/2.0)
動画撮影解像度:360°(3840 x 1920)
バッテリー 1,350 mAh
外部接続 有線:MicroUSB(USB2.0)
Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz + 5GHz)
Bluetooth:Ver.4.1
動画撮影形式 mp4
記録媒体 microSDカード

Gear 360に関しては私自身も海外モデルを個人輸入して使用中。外観デザインは下記の記事も参考になるかと思います。

海外モデルでもよいので、購入費用の安さを重視したいという場合であれば、現在はAmazon.co.jpのマーケットプレイスで販売されている並行輸入品を購入するのが良い方法のひとつといえます。

同日時点においては取り扱い価格の相場が36,000円前後となっており、国内向けモデルよりも10,000円近く安い費用で入手が可能。また下手に海外から個人輸入するよりも安い価格ともなっています。

なお現時点でAmazon.co.jp自体が国内向けの正規品を取り扱う予定はない模様。Amazon.co.jpのマーケットプレイスでは国内正規品を販売する業者も見つけることができますが、発売予定日は7月22日(金)と少し先になっています。

★ 各オンラインストアの商品ページはこちら
ビックカメラ:
Samsung Galaxy Gear 360 SM-C200NZWAXJP
ヨドバシカメラ:
SAMSUNG SM-C200NZWAXJP Gear 360
Amazon.co.jp:
【国内正規品】全天球カメラ Gear 360 SM-C200NZWAXJP

Source:ビックカメラ.comヨドバシ.comAmazon.co.jp