au AQUOS K SHF33をモバレコでレビュー

「スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に」をテーマとして、SIM・スマートフォンの総合情報サイト「モバレコ」。そちらで担当した記事が新たに公開されたので紹介しておきます。

SPONSORED LINK

今回公開されたのは、2016夏モデルとしてKDDIからリリースされるガラホ、au AQUOS K SHF33のレビュー記事。KDDIの「AQUOS Kシリーズ」としては3世代目のモデルですね。

AQUOS KシリーズではもともとタッチクルーザーEXと呼ばれる、スマホライクなタッチ操作が楽しめる機能を搭載。地味ながらこの機能はブラウザ以外でも使える便利なもので、これからガラケー→スマホ(あるいはスマホ→ガラホ)へ移行したい方には特に魅力が感じられるでしょう。

またガラケーのような外観なのでそこまで期待はしていなかったのですが、搭載されているカメラは1,300万画素としっかりした性能に。実際に写真を撮影してみても、よい意味で予想を裏切る素晴らしさを感じました。

そして何よりこのSHF33の特徴といえるのが、ついにガラホ登場した機能、人工知能「エモパー」です。これまでスマホに搭載されていたエモパーとも互換性があるので、SDカードを用いてデータを移行(記憶を保存・復活)することも可能。

スマホと比べると使用できるアプリに制限があり、少し地味さも感じていたガラホ。そんな中、エモパーについてはバッテリー消費を大きく加速するものでもなく、かつオンにすることで使うのがちょっと楽しくなる。個人的にはガラホにぴったりな機能ではないか、と思っています。

ガラケーからの機種変更を考えている方にとって、使い方をあまり大きく変えたくない(ガラケーあるいはガラホの範囲で機種変更したい)という条件であれば、この夏しっかりとオススメできる1台です。