Amazon.co.jpでMoto 360 Womenの購入予約受付がスタート

Moto 360 2nd Gen.シリーズの女性向けデザインモデル「Moto 360 for Women」について、日本国内での正規発売日が決定。Amazon.co.jpでは早速購入予約の受付が始まっています。

SPONSORED LINK

Amazon.co.jpにて購入予約の受付が始まったのは、Motorola Moto 360 for Women。本体カラーはローズゴールドのケース(本体)にブラッシュレザーを組合わせたベースモデルです。

同日時点における取り扱い予定価格は消費税込みで42,800円。発売予定日は2016年6月30日(木)です。

Moto 360 for WomenはMotorolaが開発するAndorid Wearの第2世代に含まれるスマートウォッチ。

従来のAndroid Wearの多くが男性向けのデザイン・サイズとなっていたことに対し、このMoto 360 for Womenは本体サイズこそ男性向けモデル(の小柄な方)と変わらない42mmながら、バンド幅は16mmと狭め。

より女性でも自然に身につけることができることを意識してデザインされています。

なおバンド幅以外の基本的な機能(SoCやバッテリー容量)は男性向けの42mmモデルと大きく変わりありません。

その他、Googleストアの商品ページ(※こちらでは注文は不可)で確認できる主な仕様情報は次の通りです。

項目 詳細
サイズ 直径 42.0mm
厚さ 11.4mm
OS Android Wear
SoC Snapdragon 400
1.2GHz Quad-Core
メモリ RAM 512MB/ROM 4GB
バッテリー 300mAh
ディスプレイ 1.37インチ(360×325)
263ppi
通信方式 Wi-Fi 802.11 b/n(2.4GHz)
Bluetooth 4.0 LE
防水防塵等級 IP67
センサー 加速度計
周囲光センサー
ジャイロスコープ
振動エンジン
光学心拍数モニタ
充電方法 ワイヤレス充電
バンド幅 16mm

Moto 360 for Womenについては海外では既に発売済みのモデルということもあり、海外のガジェットショップを探すとより安価で販売しているところも見受けられます。

例えば香港に販売拠点を持つ海外通販サイトのETOREN(イートレン)では、同モデルが同日時点で輸入消費税込みの販売価格がUSD275.00(約29,314円)、購入費用の概算見積もり額は約31,600円と国内正規品よりも11,000円近く安い費用で入手が可能。

ETORENでは支払い方法がPaypal(クレジットカード払い)と限定されているものの、日本語での問い合わせサポートや取り扱う全商品に12ヶ月の商品保証を付帯といった(海外サイトとしては)手厚いサポートがついており、比較的安心しての利用が可能。

Amazonや大手量販店といったところでの購入にこだわらないのであれば、かなり安く購入できるETORENの利用は個人的にもオススメです。

Source:Amazon.co.jp