モバレコでApple iPhone SEをレビュー

SIM・スマートフォンの総合情報サイト「モバレコ」にて、担当した記事が新しく公開されたので紹介しておきます。

SPONSORED LINK

今回書いたのは、先月末に発売された 4インチディスプレイを搭載した最新スペックのiPhone「iPhone SE」のレビュー記事。

普段からスマホは複数台を持ち歩いていますが、入れ替わり頻度が特に激しいのはAndroid機。そのため音声通話用のSIMカード、あるいは各種メッセージアプリなど常に使えるようにしておきたいものはすべてiPhone側に集約して使用中。

スマホで必要な最低限の機能はしっかりと使えるバランスのよいモデルとして、iPhoneは日常生活における”保険(何かあってもiPhoneがあるから……)”の位置づけで使っています。

そうなるともっとも持ち歩き頻度の高い機種にもなるわけですが、これまでiPhone 5→iPhone 5c→iPhone 6 Plus→iPhone 6sと乗り換える中で携帯性の高さによるメリットは大きなポイントだと、改めて感じることに。

また個人的にはiPhone 6sシリーズより新たに搭載されたForce Touch(感圧タッチ)を使用する頻度が低いということもあり、思い切ってさらにサイズの小さいiPhone SEへと乗り換えてみました。

現在まで10日ほど使ってみての印象は従来と変わらず、iPhoneらしいバランスのよさといったところなのですが、一方でゲームなどを遊んでみるとグラフィック処理はiPhone 6s同様にかなりなめらか。カメラもこれ1台で万能に使える印象で、やはりiPhoneは扱いやすいよな、と再認識している最中です。

現在iPhone 6シリーズ、あるいはiPhone 6sシリーズを使っている方が乗り換えるモデルとして検討する場合はやはり本体サイズをどう考えるかが最大のポイント。大きいものも使ううちに慣れますし、逆に「もう小さいディスプレイサイズには戻れない」なんて声もよく耳にします。個人的には次期フラッグシップモデル(iPhone 7シリーズ?)の登場を待ってみてもよいように思います。

一方で本体サイズを理由にこれまでなかなかiPhone 5s以前のモデルから機種変更できなかった、なんて方には間違いなくオススメできる機種です。Apple Store、大手量販店など多くの店頭で展示機が設置されていると思いますので、まずは(現在において)最大の特徴ともいえる本体サイズを確認してみてください。