Amazon.co.jpでMoto 360 2nd Gen.の予約受付がスタート

今月初旬よりGoogleの公式オンラインストアである Googleストア にて販売の始まった Moto 360 2nd Gen.。その後他店舗でも取扱いが始まる旨アナウンスがされていましたが、早速Amazon.co.jpにて2モデルの購入予約受付が始まっています。

SPONSORED LINK

2016年4月12日時点においてAmazon.co.jpで購入予約の受付が始まっているのは Moto 360 2nd Gen.の男性向けデザイン2モデル。42mmのブラックボディにブラックレザーを組み合わせたモデル、および46mmのシルバーボディにブラウンのコニャックレザーを組み合わせたモデルです。

予定価格は42mmモデルが40,500円、46mmモデルが44,500円で、発売予定日はともに4月30日となっています。ちなみに46mmモデルはGoogleストアでの販売価格と同額で設定されています。

Moto 360 2nd Gen.シリーズは昨年10月にドイツ・ベルリンで開催された世界最大規模の家電見本市であるIFA2015にて発表されたスマートウォッチ。Motorolaが開発するモデルとしては第2世代モデルにあたるAndroid Wear搭載機です。

この第2世代では男性向けデザイン2モデル(42mmケース/46mmケース)および女性向けデザイン1モデル(42mmケース)が用意されており、またこの他にアクティビティ向けのMoto 360 Sportといったモデルも存在します。

もともと前モデルにあたる第1世代のMoto 360もデザインは一般的な腕時計に近い円形のディスプレイを搭載していましたが、この第2世代モデルもそれは同様。

カバーガラスもCorning(コーニング)社のGorilla Glass 3を採用して傷への耐性を確保。またIP67相当の防水防塵仕様や、常時点灯でも約1日の仕様に耐えるバッテリー持ちを実現しています。

その他、Motorolaの日本国外向け製品ページにて確認できる主な技術仕様は以下のとおり。

項目 42mmモデル 46mmモデル
サイズ 直径 42.0mm
厚さ 11.4mm
直径 46.0mm
厚さ 11.4mm
ディスプレイ 1.37インチ(360×325)
263ppi
1.57インチ(360×330)
233ppi
OS Android Wear
CPU Snapdragon 400 1.2GHz Quad-Core
メモリ RAM 512MB/ROM 4GB
センサー 加速度計
周囲光センサー
ジャイロスコープ
振動エンジン
光学心拍数モニタ
バッテリー 300mAh 400mAh
充電方法 ワイヤレス充電
無線 Wi-Fi 802.11 b/n、Bluetooth 4.0 LE
防水防塵等級 IP67
バンド幅 20mm 22mm

Amazon.co.jpではこれまでもマーケットプレイス出品者が取り扱う輸入品を購入することが可能でしたが、それらは基本的に価格設定がかなり割高となっていました。

今回の正規取扱い開始に伴い、Amazon自体の保証付きで購入できるようになったということは、国内向けのリリースを楽しみに待っていた方にとってはうれしいことといえそうです。

なおMoto 360 2nd Gen.シリーズに関しては、より安く購入したいといった方にオススメしやすいのは海外ショップからの個人輸入。ここ最近の円高傾向の影響もあり、同日時点においてはETOREN(イートレン)の価格設定がかなり安くなっています。

参考までにAmazon.co.jpで取り扱うのと同じモデルをチェックしてみると、42mmモデル46mmモデルそれぞれの本体価格(輸入消費税含む)、および購入に掛かる総費用の概算見積もり額は以下のとおり。

モデル 本体価格 購入費用
(概算)
国内価格
(税込)
42mmモデル USD280.00
(約30,329円)
約32,800円 40,500円
46mmモデル USD316.00
(約34,228円)
約36,800円 44,500円

42mmモデルと46mmモデル、いずれにおいても国内向け正規品より8,000円程度安く購入することが可能となっています。

Motor 360 2nd Gen.シリーズでは技適マークはディスプレイ上への表示で対応しており、海外向けモデルにも日本国内向けの技適マークがついている旨はネット上などでも報告があがっています。

ETORENでは日本語サポート対応や購入後12ヶ月間の保証付き。また輸入消費税などの費用も購入代金に初めから加味されており、購入にかかる費用が非常に分かりやすいことなども他のショップと比べた場合のメリットといえます。

Moto 360 2nd Gen.シリーズの購入を検討していた方はAmazon.co.jp、併せてETORENをチェックしてみるとよいかもしれません。

Source:Amazon.co.jpETORENMotorola