Amazonタイムセール Motorola Moto G Huawei Mate S

2016年3月26日(土)の0時より開始されたAmazon.co.jpの日替わりタイムセールにて、同タイムセールにおいては初登場となるSIMフリースマートフォン2機種(全5モデル)が割引価格で販売されています。

SPONSORED LINK


Motorola Moto G(第3世代)

20160326_000444

タイムセール対象品として割引販売されている機種の1つ目は Motorola Moto G(第3世代)。

今回セール対象となっている本体カラーは2色(BlackWhite)で、販売価格は27,372円。通常時の販売価格と比較すると3,732円(12%)の割引が適用されています。なお限定数は各色ともに200個です。

Moto G(第3世代)は昨年7月にMotorolaが発表したエントリークラスのスマートフォン。しかしながら現行において最新となる Android 6.0 Marshmallow へのOSアップデートも予定されており、またIPX7相当の防水仕様も有しています。

その他、Motorola Japan の製品ページにて確認できる詳細な技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 142.1 ✕ 幅 72.4 ✕ 厚さ 6.1-11.6 mm
重量 155 g
OS Android 5.1.1 Lollipop
(OTAでAndroid 6.0 Marshmallowへのアップデートあり)
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 410 1.4GHz Quad-Core
メモリ RAM 2GB / ROM 16GB
バッテリー 2,470 mAh
ディスプレイ 5インチ HD(1280×720)294ppi、TFT液晶ディスプレイ
カメラ リアカメラ:1,300万画素
フロントカメラ:500万画素
通信方式

4G(FDD-LTE):Band 1/3/7/8/28
4G(TD-LTE):Band 40
3G(UMTS / HSPA+):850/900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth 4.0 LE

その他 SIMカード:Micro SIM x 2
SDカード:microSDカード(最大32GBまで)

Moto G(第3世代)は現在NTTコムストアにおいてもOCNモバイルONE音声通話対応SIMカードとのセットで販売がされており、同日時点におけるそのセット品の販売価格は26,784円(税込)。価格自体は今回のAmazonタイムセールよりさらに安くなっています。

ただしNTTコムストアでは、現在注文した場合の商品出荷は4月以降とやや先になっています。そのため、少しでも早く入手したい方にとっては今回のタイムセールを利用しての購入も検討する価値があるといえそうです。

Huawei Mate S

20160326_000500

タイムセール対象品として割引販売されている機種の2つ目は Huawei Mate S。

今回セール対象となっている本体カラーは3色(Titanium GreyMystic ChampagneRose Gold)で、いずれもMicroSDHCカード(容量16GB)が付属するセット品。タイムセールにおける販売価格はいずれも63,000円となっており、通常時の販売価格と比較すると23,184円(27%)の割引が適用されています。なお限定数は各色いずれも30個です。

Huawei Mate S は昨年9月に発表されたHuaweiのハイエンドモデル。金属製の筐体にグループ会社Hisilicon(ハイシリコン)製の Kirin 935 オクタコアプロセッサを搭載し、RAM容量3GB、ROM32GBとその他の仕様も非常にパワフルです。また背面には指紋認証センサーも搭載します。

なおその他、Huawei Japanの製品ページにて確認できる詳細な技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 149.8 ✕ 幅 75.3 ✕ 厚さ 7.2 mm
重量 約 156 g
OS Android 5.1 Lollipop + EMUI 3.1
CPU Hisilicon Kirin 935 64bit Octa-Core(2.2GHz Quad-Core + 1.5GHz Quad-Core)
メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー 2,700 mAh
ディスプレイ 5.5インチ FHD(1,920&x1,080)AMOLEDディスプレイ
カメラ リアカメラ:1,300万画素
フロントカメラ:800万画素
通信方式

FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28
TD-LTE:Band 40
3G:800/850/900/1700/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 b/g/n
Bluetooth 4.1 LE

その他 SIMカード:Nano SIM
SDカード:microSDカード(最大128GBまで)

Huawei Mate S に関しては現在ビックカメラなどをはじめとする大手量販店でも販売されていますが、同日時点における販売価格は78,600円(税込)前後。量販店ではここに10%のポイント還元が行われるケースも有りますが、それを加味した実質価格でもおおよそ70,700円ほど。

価格.comなどを見ていると一部カラーはさらに安い価格での取扱いも見られますが、同日時点における価格相場としては十分安い価格設定になっているといえます。

最後に

今回紹介した2機種のうち、Huawei Mate S に関してはタイムセール開始直後からかなりの勢いで在庫が減っている模様。気になっている人は早めに買い物カゴに入れることをおすすめします。

なお今回のタイムセールは3月26日(土)の23時まで(あるいは限定数が売り切れるまで)となっています。

Source:Amazon.co.jpMotorola JapanHuawei Japan