Amazon.co.jpがHuawei Watchの取り扱いを開始

先日よりビックカメラが出品者としてAmazon.co.jpに商品ページを開設していたHuawei製のスマートウォッチ Huawei Watch。本日確認したところ、ようやくAmazon.co.jp自身での取り扱いも開始されたようです。

SPONSORED LINK

日本国内モデルとして正規に発売されることが決まっているHuawei Watchは全部で4モデルですが、2015年10月6日時点で確認したところ、いずれのモデルもAmazon.co.jpから購入することが可能(現在購入の予約を受付中)となっています。各モデルの予定本体価格と発売予定はそれぞれ以下のとおり。

モデル名 カラー 予定本体価格
(税込) 
発売予定日
W1 Classic Leather シルバーのケース
+レザーバンド 
49,464円 10月16日
W1 Classic Stainless シルバーのケース
+ステンレスメッシュバンド 
55,944円 10月16日
W1 Active ブラックのケース
+ステンレスリンクブレスレット 
62,424円 10月16日
W1 Elite ゴールドのケース
+レザーバンド 
88,344円 11月15日

Amazonでは現在Amazon.co.jpおよびビックカメラの2つから購入(予約)することが可能となっていますが、いずれのモデルも本体価格は変わりがありません。

ただし発売予定日についてはW1 Elite(ゴールドのケース+レザーバンドの組み合わせ)のみ日にちが異なっており、購入元にAmazon.co.jpを選んだ場合の発売日は11月15日、ビックカメラを選んだ場合の発売日は11月11日となっています。あくまで発売”予定”日であり、今後返答となる可能性はありますが、W1 Eliteを購入予定でなるべく早く手元に受け取りたいという人はビックカメラで注文するほうがよいかもしれません。

Huawei Watchは中国・Huawei初となるAndroid Wear搭載のスマートウォッチ。アメリカなど海外の一部では既に発売がされており、日本からそちらで注文・購入することも可能となっています。私自身も海外モデル(日本のモデル名では W1 Active に該当するもの)を個人輸入し使用しています。

各モデルで外観(時計ケース、およびバンド)のデザインは異なるものの、基本的にケースサイズやバンド幅は同じ、本体の技術仕様も同じとなっています。詳細は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 直径 42 mm ✕ 厚さ 11.3 mm
OS Android Wear
CPU Qualcomm Snapdragon 400 1.2GHz
メモリ RAM 512MB / ROM 4GB
バッテリー 300 mAh
ディスプレイ 1.4インチ(400×400)286ppi AMOLEDディスプレイ
その他 Wi-fi、Bluetooth 4.1 BLE 、防塵防水(IP67)

なお同製品を”実質的”にでも安く購入したいというのであれば、個人的にオススメしたいのはAmazonよりも大手家電量販店。

例えばヨドバシカメラのオンラインストアであるヨドバシドットコム、ビックカメラのオンラインストアであるビックカメラ.COMでも現在予約が受付中となっており、いずれも発売予定日はAmazonとほぼ同様(W1 Eliteについてはヨドバシカメラではまだ予約不可、ビックカメラは11月中旬発売予定)。かつ、いずれも購入金額の10%をそれぞれのお店のポイントで還元してもらうことが可能(=実質1割引きされた金額で購入することが可能)となっています。

Source:Amazon.co.jp