ALCATEL ONETOUCH IDOL3のレビュー記事を寄稿

記事の寄稿をさせていただいている外部メディア「モバレコ」にて、新たな記事が公開されたようなので紹介しておきます。

SPONSORED LINK

今回公開された記事のテーマは、中国・TCLコミュニケーションが”フランス生まれのスマートフォンブランド”と謳うブランドALCATEL ONETOUCHの最新モデル ALCATEL ONETOUCH IDOL3 のレビュー

日本国内向けの発売は先月末となっており、一応今回レビューを行うにあたり端末をお借りしましたが、実をいうとこの端末、個人的にはアメリカで発売された直後に購入していたものだったり。ということで、レビューする前からそれとなくどういった端末なのかは知っていました(笑)

ただし日本向けに発売されているモデルは対応周波数が日本国内で使用できるように変更されています。海外(アメリカ向け)モデルは日本国内ではLTE通信を行うことができなかったり(対応周波数が合わない)、日本語ロケールから追加して上げる必要があったり、となかなか手間がかかる使用だっただけに、今回の正規販売は嬉しいところ。

端末の最大の特徴といえるシンメトリックデザイン(上下のデザインが対称的になったデザイン)、そしてDJ MIXと呼ばれるプリインストールされている音楽アプリは従来のスマホとは違った使い方・楽しみ方を感じさせてくれる興味深い機能といえます。

しいていてば、機能と価格のバランスがやや悪い(他社製で同レベルの性能をもつ端末より高い)といった点はありますが、この点は上記の目新しい機能にどれくらい関心を持てるかで印象がかなり違うと思います。現在は大手家電量販店でも販売されているので、性能と価格だけみて単に「高い」と思うのではなく、できれば実際に店舗で実機の機能を試してみることをオススメしたいところ。

なお海外ではサイズが一回り小さい4.7インチモデルも販売されています。欧州で販売されているモデルであればLTEでもBand1など日本国内で使用できる周波数に対応しているはずなので、興味があればそちらもチェックしてみるとよいかもしれません。

ということで、よろしければぜひ、記事を読んでみてください。