新しいKindle Paperwhiteが登場

Amazonの自社製電子書籍リーダーKindleシリーズので価格・性能ともに中間モデルとなる「Kindle Paperwhite」の新製品が発表されています。

SPONSORED LINK

本体価格は14,280円(税込)から

新Kindle Paperwhiteは従来機同様、画面へのキャンペーン情報の表示あり/なし、ネットへの接続方法としてWi-Fiモデル/Wi-Fi+無料3Gを組み合わせた4モデル構成で、発売予定日は2015年6月30日(火)となっています。それぞれの価格については以下のとおり。

接続方法 キャンペーン
情報 
本体価格
(税込) 
Wi-Fi あり 14,280円
なし 16,280円
Wi-Fi
+ 無料3G
あり 19,480円
なし 21,480円

本体価格に関してはキャンペーン情報ありのモデルのほうがいずれも2,000円安くなっています。ちなみにキャンペーン情報とはKindleに関してのお得なキャンペーン情報(Kindle日替わりセールの予告/日替わり無料アプリ/おすすめスポンサー広告)がスリープ時のスクリーンセーバーやホーム画面の下部に表示されるもので、読書中の画面には表示されません。

新しいKindle Paperwhiteが登場

また同梱物はKindle Paperwhite本体のほか、USBケーブル、保証書、スタートガイドのみとなっていることから、充電アダプターが必要な場合は別途購入する必要がある点には注意が必要です。

技術仕様で変わっているのはごく一部か

新しいKidnle Paperwhiteの仕様は以下のとおり。

項目 詳細
ディスプレイ Carta電子ペーパー技術採用 6インチPaperwhiteディスプレイ、解像度300ppi、内蔵型ライト、フォント最適化技術、16階調グレースケール
サイズ 高さ 169 ✕ 幅 117 ✕ 厚さ 9.1 mm
重量 Wi-Fi:205 g / Wi-Fi + 無料 3G:217 g
システム要件 ワイヤレス接続対応、コンテンツのダウンロード時にPC不要
容量 4GB(使用可能領域 約 3.1GB)/端末本体に数千冊保存可能(一般的な書籍の場合)
クラウド Amazon のコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
バッテリー 明るさ設定10、ワイヤレス接続OFFで1日30分使用した場合、1回の充電で最長数週間利用可能。ワイヤレス接続およびライトの使用によって利用できる時間は異なる。
充電時間 PCからUSB経由での充電で約4時間
Wi−Fi接続

802.11 b/g/n 標準規格を使用した、公共およびプライベートネットワークまたは無線LANスポット、パスワード認証によるWEP、WPAおよびWPA2セキュリティに対応

対応ファイルフォーマット Kindle(AZW3)、TXT、PDF、保護されていないMOBI、PRCに対応。HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、BMPは変換して対応
ユーザーヘルプ スタートガイド(同梱、PDF)、Kindleユーザーズガイド(端末にプリインストール、PDF)。その他の情報はヘルプページで参照できます
保証とサービス 1年限定保証付き。国内の場合、オプションで別売りの延長保証をご利用いただけます。Kindleの使用時は利用規約が適用されます。
同梱内容 Kindle Paperwhite、USB 2.0充電ケーブル、保証書、スタートガイド(PDF)

本体サイズが従来機と変わっていないことから、外観に関しての変更はないものと思われます。なお従来機から変更点に関しては次項にて。

従来機(2013年モデル)との違いは大きく3点

従来機(2013年モデル)と比較した時に変更されている点はディスプレイ解像度と本体重量。

ディスプレイ解像度に関しては212ppiから300ppiに向上しています。現在Kindleシリーズの上位モデルとして発売されているKindle Voyoageも同じ300ppiになっていることを考えると、見た目においての違いは結構感じられる変更と思います。また本体重量に関してはWi-Fiモデルで1g軽く、またWi-Fi + 無料3Gモデルは11g重くなっています。

なお新製品が発表された現在においても従来機の一部のものは引き続き販売がされており、一部の価格が値下げされています。2015年6月18日時点における従来機(2013年モデル)と新製品(2015年モデル)の価格は以下のとおりです。

 

 接続方法 キャンペーン
情報
年式 本体価格
(税込) 
Wi-Fi あり 2013年 10,280円
2015年 14,280円
なし 2013年 12,280円
2015年 16,280円
Wi-Fi
+ 無料3G 
あり 2013年 12,480円
2015年 19,480円
なし 2013年 14,480円
2015年 21,480円

新旧で比較してみると、Wi-FIモデルに関しては4,000円、Wi-Fi+無料3Gモデルに関しては7,000円ほど価格が上がっています。なお新製品の登場によって値下げされたのは Wi-Fi + 無料3Gモデルで、キャンペーン情報あり/なし いずれのモデルにおいても3,000円ほど値下げされています。

プライム会員なら実質4,000円安く買える

今回の新製品発表に併せて、Amazon.co.jpではAmazonプライム会員およびプライム無料体験中のユーザーに限り、最新モデルの「Kindle」および「Kindle Paperwhite」を購入する際に何らかの形で4,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

既にプライム会員の場合

プライム会員に関しては、商品購入時 Amazonギフトカード・Amazonショッピングカードまたはクーポン の欄に【PRIMEPRICE】のクーポンコードを入力して適用することで、購入費用から直接4,000円の割引を受けることができます。

新しいKindle Paperwhiteが登場

こちらは1人1回、かつ1台分に対してのみ適用となるため、複数台購入した場合でも2台目以降は割引対象外となります。またクーポンを適用した注文をキャンセル、返品した場合、使用したクーポンは再利用できませんので注意が必要です。

プライム無料体験中のユーザーの場合

プライム無料体験中のユーザーに関してはクーポンコードの入力は不要で、通常通り注文完了することで商品配達後1ヶ月前後でEメールにて4,000円分のAmazonギフト券が送られてきます。

ただしこちらに関しては無料体験終了後にプライム会員へ入会し1年以上利用することが条件となっており、1年以内にAmazonプライム会員登録をキャンセルした場合、送付されたAmazonギフト券は無効(既に使用済みの場合はクレジットカードへ別途請求)となっているので注意が必要です。

上記のいずれでもない場合

プライム会員およびプライム無料体験中のいずれでもない場合も、対象商品購入前にプライム無料体験に申し込むことで、4,000円分のAmazonギフト券でのキャッシュバックは受けることが可能です。

今回のキャンペーンに関しては実質1年分のプライム会員年会費を支払うことが条件になっています。Amazonプライム会員の年会費は3,900円となっているため、実質4,000円の割引となるのは既存のプライム会員およびこの機会にプライム会員となって継続入会し続ける方のみと言えます。無料体験だけ試せばよい、というわけではないところは改めて注意が必要です。

アクセサリー類は従来機のものを転用可

Kindle Paperwhiteにはアクセサリーおよびオプションサービスとして以下の様なものも用意されています。

新製品と従来機では外寸(サイズ)が変わっていないことから、こういったアクセサリー類に関しては従来機と同じものがそのまま使えると思われます。従来機から買い替えを検討されている方にとっては非常にうれしいところです。

まとめ

今回新たに発表された新Kindle Paperwhiteは外観デザインやサイズが変わっていないことから、単純に ディスプレイがより綺麗になったKindle Paperwhite と考えて良さそうです。

ディスプレイ解像度が上位モデルのKindle Voyageに追いつき、かつ本体価格も10,000円近く安いことを考えると、このKindle Paperwhiteはかなり魅力的に感じられますね。ただしKindle Voyageにおいてはサイズがよりコンパクト(厚さは1.5mmほど薄い)で、ページめくりボタンや自動調整フロントライト、ディスプレイに強化ガラスが用いられているなど新Kindle Paperwhiteにない特徴もまだ備えています。このあたりにどこまで魅力を感じるかが、これからKindleを購入する方にとっては判断基準となってくることでしょうね。

Source:Amazon.co.jp

by カエレバ