HTC One M9のレビューをモバレコに寄稿

日本国内の各キャリアから2015年夏モデルとして発売される端末がひと通りで揃いましたね。その中にはGalaxy S6/S6 edgeの用にグローバルで販売されている端末もあれば、日本独自にカスタマイズされた端末もあったり。また最近は材質に金属やガラスといった、高級感を意識した素材を採用するメーカーも多くなってきたように思います。

SPONSORED LINK

そんな中、最近私がデザインに惹かれて、そして性能にも惹かれて、と買い漁ってしまって(?)いるのがHTC製の端末。思い返せばソフトバンクからHTC Desire(X06HT)が発売された時に「これカッコイイ!」と思いつつも買い換えず、そのまま何故かHTC製の端末に縁がないまま5年も月日が経っていました。たぶん今その反動きているのだと思います(と言い聞かせてます)。

ということで、HTCのフラッグシップ機「HTC One M9」のレビューを書かせていただきました。モバレコです。

金属ボディの重厚さ、高性能プロセッサに迫力のサウンド――HTCの旗艦モデル「HTC One M9」レビュー|モバレコ

HTC One M9のレビューをモバレコに寄稿

実際に触っていてどこに魅力を感じるのか、と聞かれればまず真っ先に応えたいのは端末デザイン。この筐体自体が金属製の端末なんてHTC以外では最近ほとんど見かけない気がします。見た目からすぐに感じられる重厚さ。そして手にとった際に改めて指ざわりや重さでもそれが感じられるところが非常に魅力的に映ります。見た目って大事です。

中に搭載しているSoCがSnapdragon 810という性能も高いけど発熱性も高いというものなので、金属故に熱を持ちやすい(もちろん冷めやすくもありますが)という点との相性は気になります。ただ使っている感じではGalaxy S6 edgeよりは熱くならないかな、という感じです(ベンチマークスコアを取るとGalaxy S6 edgeの方がかなり良い数値になるので、何とも言えませんが)。

また個人的には端末前面に配置されたデュアルスピーカー(Dolby Audio搭載のHTC Boom Sound)の音の良さも本当に気に入っています。この1モデル前のフラッグシップ機である「HTC One M8」と聴き比べもしたのですが、Boom Soundの性能に関しては飛躍的に向上しているのが分かるほどです。

というような感じでレビューを書いてみたので、よければ読んでみてください。ちなみに2015年夏モデルとしてKDDIから発売されるHTC J Butterfly HTV31は筐体こそプラスチックになっていますが、スペック的にはこのHTC One M9よりも高い内容となっています。

HTC J butterfly(エイチティーシージェイ バタフライ) HTV31 | スマートフォン(Android スマホ) | au

「メタルボディにはそこまで惹かれないけど、それ以外は気になる」なんて方には、こちらをオススメします。