YotaPhone2の購入費用比較

今年1月下旬から海外ガジェットショップExpansysで取扱いが始まった露YotaDeviceの2画面搭載変わり種スマホYotaPhone2」(モデル番号:YD201)。発売から約2ヶ月が経過し、当初は「100+個(100個以上)」となっていた在庫数が本日時点で「4個」まで減っています。

Expansysでは先着順で「バンパーケース付き+送料無料」というキャンペーンを行なっているのですが、これももしかしたら現在の在庫がなくなり次第終了となる可能性もあると思い、今の時点で購入するならどこのショップがもっともおトクと言えそうかを整理してみることにしました。

SPONSORED LINK

今回は日本への直接配送に対応しているガジェットショップを対象として、2015年3月20日時点での端末本体価格と為替レートを基に、購入した場合にかかる総費用の見積もり額を計算して整理してみました。

ショップ名 端末本体価格 購入にかかる総費用見積もり額
Amazon.co.jp 96,000円 96,000円
Amazon.de 約89,000円
(€689.00) 
約96,000円
Amazon.fr 約90,300円
(€699.00) 
約86,400円
Amazon.es 約91,000円
(€704.90)
約86,500円
Expansys 80,200円 約87,200円
1ShopMobile.com 約80,400円
($665.00)
約91,600円
Clove 約77,200円
(£433.33) 
約87,600円
Handtec 約76,600円
(£429.99)
約87,700円

金額で見るとAmazon.frが最も安くなっており、逆に一番高いのは日本のAmazon.co.jpで購入した場合となっています。最安値と最高値の差額は約9,000円ほどと結構な差に。

ただしExpansysで購入した場合に先着順で付いてくるバンパーケースは現在単品でも取り扱われており、Expansysの販売価格では2,400円程度するもののようなので、その分も含めて見てみると実質的にはExpansysが最も安い(バンパーケース相当分を差し引くと約84,800円)ということになります。

なおこのバンパーケースは現在2色販売されているのですが、いずれも在庫数が90個以上あるため、バンパーケース自体はかなり余っているようです。ExpansysのYotaPhone2の商品ページには、このパンパーケースの付属キャンペーンに関しては「在庫がなくなるまでの限定キャンペーン」と記載されていることから、現在のYotaPhone2の在庫がなくなった後も、再入荷し次第キャンペーンが継続される可能性はあるかもしれません。

YotaPhone2は今後米国での発売も予定されており、そのタイミングに合わせてOSがAndroid5.0 Lollipopにアップデートされることも発表されています。後継機(YotaPhone3)については2016年中盤に発表されるという話なので、仮にこの話が本当であれば、まだ当分の間はYotaPhoneシリーズの最新モデルであり続ける(型落ちはまだ先)と思われます。

いずれにしてもYotaPhone2とそれ用のケースを買う予定にある人は、キャンペーン実施中の今のうちにExpansysで購入しておくことが良いかもしれません。