Amazonで他人にギフトを送る際の注意点

先日Amazon.co.jpで匿名のほしい物リストを作って公開する方法という記事を書いたのですが、そういえばギフトを贈る際に事前に知っておいたほうが良いかもなぁ、ということもあったので、今回はそちらをまとめてみます。

SPONSORED LINK


支払い方法に代引きは使えない

まず支払い方法ですが、使えるのはクレジットカード払い、Amazonギフト券のみです。代引きは使えません

送り先が自宅以外にあるので代引きが使えないのは当たり前ですが、クレジットカードを持っていない場合(学生など)は自分でAmazonギフト券を購入後、それを使って支払うということになりますので注意して下さい。

贈り主の個人情報が相手にバレてしまうので人によっては注意が必要

匿名で作成したほしい物リストからギフトを贈る際、ギフトを受け取る側の個人情報は基本的に非公開にすることができます。一方で、ギフトを贈る側の個人情報は相手(受け取る側)にバレてしまいます。

具体的にどこで分かるかというと、荷物のダンボールに貼ってある送り状(シール)と中に入っている出荷明細書の2箇所です。

送り状(シール)

ダンボールに貼ってある送り状(シール)には贈り主の名前が印字されます。

Amazonで他人にギフトを送る際の注意点

出荷明細書

中に入っている出荷明細書には、送り主の住所、名前が印字されます。

16 01 2015 103

どこの情報が印字されるのか

送り状と出荷明細書に印字される個人情報は、ギフトを購入した際に指定した請求先住所の情報が用いられます。

初めて使用する決済方法の場合には毎回請求先情報の入力(あるいは指定)を求められます。一方で既にAmazon.co.jpのアカウントに登録済みの支払い方法(クレジットカード)を決済に使用する場合は都度請求先情報の入力を求められることはありません。これはクレジットカードの登録時にそのカードを使用した場合の請求先情報を登録しているためです。 

ギフトを送る際に個人情報を伏せる方法

そもそもAmazon.co.jpの現状の仕組みでは、ギフトを贈る際に贈り主の個人情報(住所、氏名)を完全に隠す公式な方法はありません。ですので、それでもどうしても・・・という場合に出来ることと言えば、請求先情報として指定する個人情報をなるべく伏せるということになってくるかと思います。

この伏せ方として一番手間がないのは、自身のアカウントにギフト用の住所情報を追加しておくでしょう。

まずはAmazon.co.jpでログイン後にアカウントサービスを開き、 アカウント設定>アドレス帳の内容を変更する をクリックします。

Amazonで他人にギフトを送る際の注意点

ここでアカウントに登録する住所情報を追加・変更・削除することが出来ますので、国内の住所を入力する をクリックします。

Amazonで他人にギフトを送る際の注意点

住所の登録画面になりますので、下の写真の赤枠箇所を入力します。

Amazonで他人にギフトを送る際の注意点

この入力項目のうち、氏名、郵便番号、都道府県、住所1、電話番号は入力必須項目となっています。ちなみにそのうち送り状と出荷明細書に印字されるのは氏名、郵便番号、都道府県、住所1の4項目です(電話番号は印字されません)。ですので、この4項目は入力する必要があるものの、入力内容をなるべく伏せれば匿名性を少しでも高めることは可能です。まあ郵便番号があるので、ウソの情報を入力しない限り町域まではバレてしまいますが。

Amazonで他人にギフトを送る際の注意点

住所を保存したら、あとはギフトを購入して請求先住所を求められた際に、先ほど登録しておいた住所(ギフト用)を選択するようにすればOKです。

Amazonで他人にギフトを送る際の注意点

なお請求先住所は「ご本人様であることを確認できる住所を入力する」ことになっております。つまりは商品注文後に万が一何かの理由で決済ができなかった場合など、請求先住所として指定した住所宛に問い合わせがくる可能性があります(基本的にはEメールまたは電話のいずれかでしょうけれど)。ですので、どの範囲まで情報を伏せるかはあくまで自己責任でご判断下さい。

ちなみに参考までにですが、私が以前ギフトを贈った際、郵便番号、都道府県、電話番号は実際のもの、住所1と氏名は架空のもので入力したことがありますが、それでもきちんとギフトは贈ることが出来ました。

最後に

ということで以上、Amazon.co.jpで他人のほしい物リストからギフトを贈る際に事前に知っておくと良いかも・・・ということでした。

基本的にはギフトを贈る間柄であれば個人情報を伏せる必要はないと思いますが、知っておくと何かの時に使えるかもしれません。ということで仕組みだけは理解しておくと良いと思います。

ちなみに結局今年はorefolder(@orefolder)さん、アリマックス(@chesmin2009)さん、すこやか(@suko_yaka)さんのお三方より誕生日プレゼントをいただきました。戴いたものに関しては今後個別にレビューをさせていただくかもしれませんので、ここでは敢えてご紹介しませんが、大切に大切に使わせていただきます。本当にどうもありがとうございます。

では。