Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

いつも大変お世話になっております、そうすけ(@sosuke14jp)です。先日とうとう30歳の一歩手前まで到達してしまいました。

で、その数日前にTwitterでつぶやいていたのですが・・・。

なんと・・・

そんなワケで今回はAmazonで匿名のほしい物リストを作って公開する方法をご紹介します。

SPONSORED LINK


Amazon.co.jpにサインインする

まずはAmazon.co.jpにアクセスして、サインインします。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

画面右上のアカウントサービスから”サインイン”をクリックします。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

サインイン画面になるので、Eメールアドレスとパスワードを入力して、サインインします。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

ほしい物リストを作って詳細設定をする

トップ画面に戻りますので、次に画面右上のほしい物リストから”ほしい物リストを作成する”をクリックします。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

作成するほしい物リストの名前を入力する画面になりますので、名前を入力(←この名前は後々あなたのほしい物リストを見に来た他の方から見えるようになります)し、”ほしい物リストを作成する”をクリックします。なおこの時、入力したリストリスト名の右横が”リストは非公開です”となっていることを確認しておきましょう。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

新しいほしい物リストが出来たら、続いて”リスト管理”をクリックします。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

表示される項目の中から”リスト・プロフィールを更新する”をクリックします。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

まずはほしい物リストに併せて公開する情報(次の画像の赤枠部)を入力します。Eメールアドレス以外は後々このほしい物リストを見に来た他の方からも見えるようになりますので、見えても大丈夫な内容を入力(個人情報は必要に応じて伏せる)しましょう。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

続いてほしい物リストから物を購入した際の送付先住所を設定します。ここの情報は主にAmazon側で配送伝票を作成する際に使われることになります。ほしい物リストを覗きに来た他の方からは見えません氏名と都道府県以外はほしい物リストを覗きに来た他の方からは見えませんので、ちゃんとした情報を入力しましょう。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

下の方には先ほど入力した住所をAmazonが商品を発送する際に使用する、ということに関する同意のチェック欄があります。よく読んで問題なければチェックしましょう。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

再度上に戻り、最後にサプライズの有無を選択します。ここで”サプライズにする”を選択しておくと、誰かがほしい物リストからあなた宛に商品を買ってくれた場合、自宅に届くまでAmazonからは通知などが何も表示されません。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

ちなみに例外として、このほしい物リストから誰か(ほしい物リスト作成者本人も含め)が同じ商品を既に購入済みの場合のみ、重複注文を避けるため、既に誰かが購入済みの旨メッセージが表示されます。例えば誰かがギフトで購入してくれた商品をほしい物リスト作成者本人が注文しようとするとこんなメッセージが。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

また既に誰かがギフトとして購入済みの商品をギフトとして購入しようとするとこんなメッセージがでます。この辺はうまく出来ていますので、利用する側(ギフトを贈る側)も安心して利用できますね。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

設定が終わったら、右下の”プロフィールの設定を保存する”をクリックします。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

先ほど作成したほしい物リストに、たった今入力した情報が表示されるようになりました。続いて画面左の”リストの設定を変更する”をクリックします。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

ここで作成したほしい物リストの公開/非公開の設定欄を”リンクをシェア”または”公開”に変更して、送信を選択します。”リンクをシェア”と”公開”の違いですが、”リンクをシェア”はあなたのほしい物リストページのアドレスを知らないと他の人が中身を参照することができません。一方で”公開”の場合は、Amazonのサイト内で他の方があなたのほしい物リスト自体を検索して参照できるようになります。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

公開したほしい物リストをシェアする

あとはほしい物リストに商品を登録して、リストの右上にある各共有ボタンを使ってシェアするだけです。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

Twitterのアイコンをクリックすると、このようにツイート画面が表示され、ここからTwitter上でシェアすることが可能です(※初めて利用する場合はツイートする前にTwitterとAmazonの連携登録が必要です)。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

メールのアイコンをクリックすると、メール送信画面が表示されます。なおここで表示されるアドレスをコピーすれば、ブログ中にほしい物リストへのリンクを貼るとか、ちょっと違った使い方も出来ます。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

他の人からはどのように見えるのか

作成したほしい物リストは、他の方から見るとこのように見えています。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

個人情報とかも表示されていないことが分かりますね。この後注文手続きを進めていっても、基本的にあなたの個人情報が表示されることはありません(発送先なども伏せられます)。

最後に

ということで、Amazonで匿名のほしい物リストを作成して公開する方法でした。

Amazonのほしい物リストを(自分と相手で)上手く使えると、何か助けてもらった時のちょっとしたお礼なんかが楽になりますね。なんせ相手のほしい物リストに入っているものは基本的に相手のほしい物なのですから。

ちなみに冒頭の私宛に届いた贈り物はいつもお世話になっているorefolder (@orefolder)さんからで、中身はサイバークリーンでした。最近パソコン周りの掃除をしたいなぁ、と思って、ずっと購入を考えていたので非常に嬉しかったです。orefolderさん、本当にどうもありがとうございます。

Amazonで匿名のほしい物リストを作って公開

それでは今回はこの辺りで。