こんばんわ、そうすけ(@sosuke14jp)です。 

つい先日になりますが、2008年に一旦発行を終了したAmazonクレジットカードがこの度復活したようですね。

と言いつつ、実は過去にこんなカードが存在してことを知りませんでした・・・(笑)

そうすけは普段クレジットカードを利用して貯まったポイントはAmazonギフト券に交換しているのですが、現在使っているカードのポイント還元率を改めて確認してみたところ、(Amazonクレジットカードと比べると)結構低いことが判明!! あまり気にしていなかった自分が悪いとは言え、ぐぬぬ・・・。

しかも今回復活したこのカードには種類が2つ(クラシック・ゴールド)あるのですが、そのうち、Amazon Master Card クラシックについては年1回以上カード利用を利用するだけで年会費が無料になるとの事。

普段からよくAmazonを利用していて、かつカードのポイントも全てAmazonギフト券に交換しているそうすけにとっては悪い事無しということで、早速詳細を確認の上、申し込んでみました。

SPONSORED LINK

Amazonクレジットカードってどんなもの?

前述の通り、今回復活したクレジットカードは2種類ありますので、それぞれがどういったカードなのかを確認してみました。まずはAmazon Master Card クラシックからです。

Amazon Master Card クラシック

Amazon Master Card クラシック

■クレジットカードポイント

  • お買物ご利用100円(含む消費税等)ごとに、Amazonクレジットカードポイントを10ポイント提供
  • 入会ボーナスとしてAmazonクレジットカードポイント20,000ポイント(2,000円相当)プレゼント
  • Amazonでのご利用はAmazonクレジットカードポイント付与が通常の1.5倍
  • その他のMasterCard加盟店でのご利用は100円ごとにAmazonクレジットカードポイントを10ポイント提供
  • Amazonクレジットカードポイントが25,000ポイント貯まると、Amazonギフト券2,500円分へ自動交換されます(10ポイント = 1円分)

■初年度年会費無料

  • 通常年会費1,350円(税込、2014年4月より)は初年度無料
  • 年1回以上のカードご利用で翌年度も無料に

(以上、Amazonより)

こちらは何と言っても年1回以上のカード利用で翌年度の年会費が無料になるという点が大きいですね。ちなみに還元率はAmazonでの買い物については金額の1.5%、それ以外のお店での買い物については金額の1.0%となっています。

続いてはAmazon Master Card ゴールドです。

Amazon Master Card ゴールド

Amazon Master Card ゴールド

■Amazonプライム

  • Amazon MasterCardゴールド会員なら、Amazonプライムが無料で利用できます

■Amazonクレジットカードポイント

  • お買物ご利用100円(含む消費税等)ごとに、Amazonクレジットカードポイントを10ポイント提供
  • 入会ボーナスとしてAmazonクレジットカードポイント30,000ポイント(3,000円相当)プレゼント
  • Amazonでのご利用はAmazonクレジットカードポイント付与が通常の2倍
  • その他のMasterCard加盟店でのご利用は100円ごとにAmazonクレジットカードポイントを10ポイント提供
  • Amazonクレジットカードポイントが25,000ポイント貯まると、Amazonギフト券2,500円分へ自動交換されます(10ポイント = 1円分)

(以上、Amazonより)

こちらは年会費(10,500円)は無料になりませんが、代わりにAmazonプライムと(ココには書いていませんが)国内・海外の旅行保険が付きます。またこちらはAmazonで買い物をした際の還元率が2.0%となっている点が Amazon Master Card クラシック とは異なる点になります。

1年間にAmazonで使った合計額はいくら?

このカードを作るかどうかのひとつの判断基準に「1年間にAmazonでどれくらいの金額を使っているか」ということがありますよね。

実はこれ、簡単に調べる事が可能です。

まずAmazonにログインし、「アカウントサービス」から「注文履歴」を開きます。

注文履歴を開く

続いてアドレスバーに次の文字列をコピー&ペーストし、Enterキーを押します。

javascript:(function()
{var d=document;var s
=d.createElement(‘script’);
s.src=’https://gist.github.
com/Molokheiya/5698262
/raw/9c2fa3d65e35dd3ce
0d98f245950df0383a3e691
/aitter.js’;d.body.appendChild(s)})();

次に「いつ(何年に)利用した金額の合計が知りたいのか?」というメッセージが出てきますので、年数を入力し「OK」をクリックします。

金額を知りたい年数を入力

すると集計後、1年間に使った金額の合計が表示されます。

金額が表示される

どっちのカードがお得?

さて、年会費や還元率、そして付随するサービスが異なる2種類のカードですが、果たしてどちらを持つ方がよりお得でしょうか。

そうすけが思うには、Amazonのヘビーユーザーで、かつ他に旅行保険付きのカードを持っていない場合を抜かしては、基本的にAmazon Master Card クラシックのほうが得なように思います。

Amazon Master Card ゴールドは還元率こそ高いものの、年会費も高いという点が結果的に還元率のメリットを薄めてしまっているように思います。

それにAmazonプライムサービスなどは、もし必要であれば別途年会費(3,900円)を支払えば加入・利用する事も可能ですしね。

そうすけは思った

そうすけはメインのカード(旅行保険付き)が別にあるので、今回はAmazon Master Card クラシックを申し込むことにしました。

申し込みはネット上で審査に必要な情報を入力するだけの簡単なものですので、いざ作るとなればあっという間に手続きは完了(審査が通るかどうかは別)します。

あとネット上では「デザインがダサい」なる声も多く聞かれますが、これは完全に個人の好みなので仕方がありませんね。

そうすけはむしろAmazonのダンボールのデザインが好き(”このデザインを目にする機会=注文した欲しいものが届いた”という意識が脳に染み付いているのかもしれません)なので、逆に「このデザイン良いじゃん!」と思いました(笑)

あとがき

一応参考までに、そうすけも1年間にAmazonで使用した金額を確認してみました。せっかく(?)なので大公開しちゃいます。

2011年はこちら。

2011年のAmazon利用額

続いて2012年。

2012年のAmazon利用額

最後に2013年です。

2013年のAmazon利用額

2012年半端ない(驚)何買ったっけ・・・。

ちなみにこれはほぼ全て自分の小遣いから使ったお金なので、そう考えるとそうすけのAmazonへの依存の高さが分かりますね。どうりで金欠になるわけだ。

ポチポチして簡単に買い物が出来てしまうところはネットショッピングの便利なところである反面、怖いところでもありますね。さて2014年はどうなることやら・・・。

それではこの辺で!